県外の転職が不利な理由6選。転職成功の志望動機2つや引越し費用も紹介!転職エージェントを使って面接成功させるコツとは?

Uncategorized

「県外に転職したいけどやっぱり不利なのかな…?」

「県外転職よりも地元の人を優先して採用するって聞いたけどホントかな?」

などなど。

県外転職は不利なのかどうか気になるところですよね。

「何とかなるでしょ!」と準備せずに県外の企業へ応募しても、面接にすらたどり着けません。

  • どうすれば不利と言われる県外転職を成功できるのか?
  • 転職活動を成功させるコツやテクニックは?
  • 県外転職で内定が出やすい転職理由とは?

などを紹介していきます!

「県外に転職したいけど、方法がわからない…」

と悩むアナタは参考にしてくださいね!

 

⇒「県外に転職はできないって諦めてました…でも転職エージェントを使ったらすぐ内定でたんです♪(30代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

県外転職者はどのくらいいる?調査データ2つ紹介

辞めたい人
県外転職したい人

県外転職する人ってどのくらいいるの?

そもそもどのくらいの人が県外転職しているのか?

具体的なデータを見かけることは少ないですよね。

調査データを紹介していきます!

データ①県外転職者(引越しを伴う)は都心は約2割、地方は約4割

 名古屋市から県外転職者の割合

参照:名古屋市の転出理由

茨城県から県外転職者の割合

参照:茨城県の転出理由

↑上の棒グラフが「名古屋市から県外への転出理由」、↓下の円グラフが「茨城県から県外への転出理由」に関する調査データです。

 「転職」で県外転職の割合
名古屋市18.4%
茨城県44.2%

以下のことが分かりますね。

  • 都市部から県外への転職→少ない
  • 地方から都市部など県外への転職→多い

特に、地方ほど県外へ転職してる人ことが多いと分かりますね。

データ②県外転職をする理由の1位は「志望企業が遠方のため」

転職者の転居の理由

参照:労働移動の実態調査(経済産業省)

辞めたい人
県外転職したい人

なぜわざわざ県外へ転職するの?

と、県外転職を経験したことがない人は、わざわざ県外へ転職する理由はよく分からないですよね。

上記は経済産業省が1,500人から調査した「転居の理由」に関する結果です。

1位は38.8%(562人)で「志望した企業遠方だった」と回答しています。

「この会社へ転職したい!」

と、思った企業が県外だったので転職したということです。

 

⇒「Uターン転職で思い切って県外へ転職!転職エージェントを使ったら求人探しもサポートしてくれたんです(20代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

県外転職(Uターン転職など)が不利な理由6つ

飲食辞めたい人
県外転職したい人

県外の転職ってやっぱり不利だよね…

はい、残念ながら県外への転職は不利なケースが多いです、、。

自宅近くに転職するときと比較すると転職で苦労することは多くなりますね(汗)

具体的な理由を紹介していきます!

理由①転職活動時の交通費・宿泊費の負担が大きい

飲食辞めたい人
県外転職したい人

はぁ転職活動の度にお金がなくなるよ…

県外へ転職しようとする場合、転職活動のたびに交通費・宿泊がメチャクチャ負担になります…(泣)

「具体的に交通費・宿泊費はどのくらいかかるの?」

と不安に感じるかもですが、ざっと50万円以上は用意しておいたほうが無難です。

ある調査では、都市部(東京・大阪)のホテルの平均宿泊料金は9,000円~1万円と発表されています。

参照:『出張ビジネスマンのホテル利用実態』の調査結果

移動に新幹線や飛行機を利用すると、1回の転職活動で4-5万円が飛んでいっても不思議じゃないですよね(汗)

「でも50万円も用意できないよ!!」

と思うかもですが、他の転職者も転職活動で平均50万円ほど使ってることが分かっています。

下記の転職経験者1,000人のアンケートでも平均支出は「54万円3589円」と発表されているんです、、

転職活動での平均支出

参照:リクナビNEXT

支出内容の上位に「家賃」が入ってますが、この費用を宿泊費に置き換えると、50万円以上は必要だと分かりますよね。

転職先が決まるまでの期間は「1-3ヶ月」が最多

転職先が決まるまでの期間(厚生労働省)

参照:平成27年転職者実態調査(厚生労働省)

上記は厚生労働省が発表した、転職先が決まるまでの期間に関する調査データです。

転職先が決まるまでの期間1位は「1ヶ月以上・3ヶ月未満(27.2%)」。

万が一「全然転職先が決まない!どうしよう!!」と転職活動の期間が4ヶ月以上と長引くと交通費・宿泊費の負担はさらに大きくなります、、

「でも県外から面接に行くんだったら交通費出してくれるよね!?」

面接時の交通費の負担があれば良いですが、最終面接までは自己負担のケースが多いですからね(泣)

このように県外転職の金銭的負担はかなりのデメリットになります。

 

⇒「県外転職でも転職エージェントのサポートを受けると、転職成功のコツまで教えてくれるんですね♪(30代/女性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

理由②県外転職時の引っ越し代の負担が大きい

飲食辞めたい人
県外転職したい人

転職活動でお金が使ったのに、引っ越し代まで出せないよ…

県外転職となると、当然引越しも必要になりますよね。

引っ越し代の金銭的負担もかなり大きくなります、、

では具体的に引越し費用はどの程度必要なんでしょうか?

県外転職引越し料金の目安

ある引越し料金比較サイトで料金検索すると、300km以上の県外へ転職すると20-50万円ほどの料金が必要となります…。

「でも転職先が引越し料金くらい負担してくれるでしょ?」

と感じますよね。

もちろん企業によっては引っ越し代など負担してくれるケースもあります。

転職先が負担してくれる内容

  • 引越し料金の全額または一部負担
  • 社宅の場合は礼金・敷金などの初期費用無しで入居

ですが全ての企業が負担するとも限らないですよね?

転職先「ウチは負担しないから引っ越し代も実費」

と、全てアナタ自身の貯金で負担しないといけないこともありえるんです、、(泣)

理由③地元を優先採用するので、県外転職者は不利になる

店長・本部
人事

ウチは地元重視だから、県外の人は採用しないよ

特に地方の中小企業の場合、地元出身・在住者を優先して採用する傾向が強くなります。

県外転職者が不利になる原因の1つですね…。

地元を優先採用する理由

  • 県外の人は人間関係・雰囲気が合わず辞める可能性
  • 県外へ転職する理由が分からない
  • 地元同士の方が仕事しやすい
  • 内定辞退のリスクが地元の方が少ない

などなど。地方ほど顕著なので、県外転職者は「全然転職決まらないんだけど…」と苦労します。

実際同じことで疑問を感じる人も多いですからね。

企業側のリスクも考えると、よほど技術や経験がないと地元応募者を優先採用する企業が多いってことです、、

参考① 地銀は地元優先で採用しますか?(yahoo知恵袋)

参考② 田舎の地方公務員はやはり地元優先でしょうか?(教えてgoo)

理由④ライフスタイルや生活費の変化

飲食辞めたい人
県外転職したい人

県外に転職してライフスタイルがすごく変わった…

県外に転職すると、ライフスタイルや生活費が変化して、ストレスに感じることも多いですね…。

ライフスタイル・生活費の変化

  • 都心部:場合家賃が数万円アップ
  • 地方:家族に1人1台車がないと生活できない
  • 地方:コミュニティが狭くトラブルを起こすと暮らせなくなる
  • 知り合いがいない孤独感

「こんなに生活が変わるなら、県外に転職するんじゃなかった…」

と後悔する人もいるくらいです。

 

⇒「東京から地方への県外転職でしたがまさかの年収アップ!自分じゃ見つけられない非公開求人が決め手でしたね!(30代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

理由⑤地域によって転職成功の難易度が大きく異なる

飲食辞めたい人
県外転職したい人

全然内定でないよ…どうして…?

「なかなか転職先が決まらない…」

と悩む人は、都道府県ごとの転職成功の難易度を知らないケースが多いです。

 地方都心
求人数×(少ない)○(多い)
転職難易度×(難しい)○(簡単)

「どれくらい転職の難易度に地域差があるの?」

というのも気になるところ。

転職の難易度を示すデータとして、厚生労働省が毎月発表している有効求人倍率という指標があります。

有効求人倍率とは?

有効求人倍率=1人あたり何社分の求人があるか?を示す指標

参照:厚生労働省

厚生労働省発表による、2018年の有効求人倍率を全国平均・最高・最低で比較してみました。

 有効求人倍率
全国平均1.61倍
東京(最高)2.15倍
北海道(最低)1.22倍

参照:一般職業紹介状況(厚生労働省)

「地方全然仕事ないじゃん!!」

ということが分かりますよね(汗)

東京・大阪・愛知・福岡などの都市部などは仕事も多く有効求人倍率も高い傾向が続いています。

当然仕事がたくさんある都市部の方が”転職しやすい”ということになりますね。

理由⑥県外転職で、年収・収入が下がるリスク

飲食辞めたい人
県外転職したい人

はぁ県外に転職したら収入が下がったよ…

県外に転職した結果、「収入が下がる」ことのリスクもあります。

 増加減少
東京圏→地方15.7%39.4%
地方→東京圏35.4%23.2%

参照:労働移動の実態調査(経済産業省)

上記は、経済産業省が「転居を伴う転職をした1,500人」から行った「転職前後の収入比較」です。

  • 都市部から地方に転職→収入下がる
  • 地方から都市部→収入上がる

ということが分かりますね。

「地方でも給料が高い県だってあるでしょ?」

と思うかもですが、地方のほとんどの給料が低いと厚生労働省の調査でも分かっているんです…(泣)

都道府県別賃金(厚生労働省)

参照:都道府県別賃金(厚生労働省)

上記は都道府県別の賃金比較のデータとなります。データのポイントは以下。

都道府県別の賃金比較のデータ

  • 全国平均:304.3万円
  • 賃金高い:東京・神奈川・大阪・愛知・京都
  • 賃金低い:青森・岩手・秋田・沖縄・山形

「やっぱり地方は年収低いじゃん…」ということが分かってしまうデータになりますね…。

県外転職は収入減少のリスクがあることを踏まえて判断したいですね!

 

⇒「結婚を機に県外へ転職することに。知り合いもいない場所で不安でしたが、転職エージェントからの紹介企業が良い会社だったので良かったです♪(30代/女性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

県外転職のメリット3選

飲食辞めたい人
県外転職したい人

県外転職ってメリットないの…?

ここまで県外転職のデメリットばかり紹介しましたが、もちろんメリットもあります!(笑)

具体的に紹介していきますね!

メリット①転職先の選択肢が増える

転職する人
県外転職したい人

県外を希望したら、転職先の選択肢が増えたぞ!

「東京・大阪など都市部じゃないと転職先が見つからない…」なんて思ってませんか?

下記の中小企業庁による都道府県別の企業数のデータでも、東京・大阪など大都市圏に多くの企業が集中していることが分かります。

都道府県別の企業数比較(中小企業庁)

参照:都道府県別の企業数比較(中小企業庁)

参照:http://databasejapan.com/

店長・本部
県外転職したい人

なんだ!やっぱり地方は不利じゃん!

と思うかもですね(笑)

ですが、実は1位~5位の企業数の「全国割合」を足しても35.1%しかありません

6位~47位の41都道府県を対象にすると64.9%と、6位以降の方が企業数が多くなっています。

つまり都市部じゃなくても、地方など県外を転職先にした方が選択肢が増えるってことです。

「転職するなら東京しか無い!」

と絞りすぎると、逆に転職先の選択肢を狭めてしまうことになりかねません…。

メリット②地方から都市部へ転職すると収入アップの可能性

転職する人
県外転職したい人

都市部へ転職したら給料が上がったぞ!

地方から都市部(東京・大阪・愛知など)の県外へ転職した場合、収入アップの可能性が高い点もメリットです。

地方から都市部:転職前後の収入比較

  • 増加→35.4%
  • 減少→23.2%

参照:労働移動の実態調査(経済産業省)

先程から何回か紹介している「転居を伴う転職者1,500人」からアンケート結果でも、都市部に転職したことで収入増加した人が35.4%いることが分かっています。

実際、東京へ転職した方が「収入が上がる」という声も多くありますね。

メリット③東京・大阪の都市部へ転職すれば最新情報を吸収できる

転職する人
県外転職したい人

やっぱり東京の情報量はすごい!勉強になる!

と、東京や大阪など都市部へ転職すると、あなたの専門領域に関する最新情報に触れられます。

特にIT系なら東京・渋谷を中心に情報が集まりますよね。

IT以外でも、やはり日本の首都である東京の方が情報量は多くなります。

「すごい人がたくさんあるから刺激が多い!」

と、勉強会やセミナーなども東京で開催されることが多いので、刺激的な同業の仲間と知り合うこともできるはず。

アナタ自身のビジネスマンとしての成長速度のアップにも繋がります。

⇒「県外に転職はできないって諦めてました…でも転職エージェントを使ったらすぐ内定でたんです♪(30代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントに登録すべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

転職決まらない人が多く登録している転職エージェントTOP3

マイナビエージェント

>>マイナビエージェント公式サイトで登録(完全無料)

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

特徴としては、専任のキャリアアドバイザーの質が圧倒的に高いことです。

①転職サポートの「期間無制限」で、じっくり転職活動に取り組める!

他転職エージェント「転職サポートを打ち切らせて頂きます」

他の転職エージェントでは3-6ヶ月の期間内に転職を決めないと、転職サポートが打ち切られることもあります。

ですが、マイナビエージェントでは転職サポートの期間は無制限。

「とりあえず転職の相談だけしてみたい」

「非公開求人の中に年収アップ出来る求人がないかチェックしたいな♪」

軽い気持ちでの登録ももちろんOK。

アナタのタイミングで転職すれば良いのです。

②「年収20%UP」させるためのノウハウや事例が豊富

「転職するならやっぱり年収が高い企業に行きたい!」

と、思うのは当然。

マイナビエージェントでは、年収20%アップさせるための事例やノウハウが豊富に用意されています。

年収アップの転職成功事例

年収420万円→500万円(29歳/男性/webマーケティング)

年収350万円→440万円(24歳/女性/ITコンサルタント)

年収750万円→930万円(35歳/男性/監査法人)

③「20-30代・IT系・営業職・大手企業」の求人に強み

「自分に合う転職サービスを使いたい!」

そんなアナタ向けに、マイナビエージェントで各領域に強みをもった求人を紹介しています。

マイナビエージェントの強みの領域

年代→20-30代

業種→IT系

職種→営業職

規模→大手企業

※注:上記以外の求人も豊富。他の転職エージェントより上記領域に強みがある

さらに会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

求人の質も圧倒的に高く、他の転職エージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが強みですね。

 

⇒「転職エージェントにいくつか登録しましたが、1番丁寧に転職活動をサポートをしてくれたのはマイナビエージェントでした(20代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

リクルートエージェント

>>リクルートエージェント公式サイトで登録(完全無料)

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーもレベルが高いのです。

ですがマイナビエージェントの特徴は親切丁寧なサポート。

一方リクルートエージェントの特徴は、キャリアアドバイザーのアドバイスが的確でマイナビエージェントとは強みが異なります。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍。

女性にとっては相談しやすい環境が整っています。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るのが嬉しいポイント。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来る手厚いサービスと言えますね。

 

⇒「業界最大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(30代/女性)」

パソナキャリア

>>パソナキャリア公式サイトで登録(完全無料)

パソナキャリアは、人材派遣業界売上3位のパソナグループが運営する転職エージェントとなります。

特徴を3つ紹介します。

①圧倒的な転職実績。転職支援実績25万人/取引企業1.6万社!

パソナキャリアは各分野に精通したキャリアドバイザーの親身なサポートにより、圧倒的な転職実績を積み上げています。

  • 転職支援実績:25万人
  • 取引実績企業:1.6万社

1位のマイナビエージェントよりは劣りますが、パソナキャリアも親身なサポートを行ってくれると評判です。

②年収UP率67.1%で給料アップしたい転職者に人気

パソナキャリア登録者の67.1%が転職後に年収アップしているデータがあります。

前職を辞めた理由に関する厚生労働省の調査でも、全体の3位で「給料の低さ」があげられています。

「給料が低い!もっと給料が高い会社に転職したい!」

というアナタは、パソナキャリアのような実績ある転職エージェントを使えば、年収アップも期待できます。

③人材派遣会社のノウハウがあるので、女性の転職者への親身なサポートが高評価

先程も記載しましたが、パソナキャリアは大手人材派遣会社運営の転職エージェントです。

人材派遣会社で培った女性向けのサポートノウハウが充実しているので、女性転職者に人気。

  • 結婚
  • 妊娠
  • 出産
  • 休職/復職

女性ならではのライフステージに沿った親身なサポートを、プロのキャリアアドバイザーが行ってくれます。

 

⇒「年収UP率67.1%の言葉に惹かれて登録。確かに他の転職エージェントと比べてもサポートの質が抜群です。親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

不利な県外転職を成功させるコツやポイント5選

飲食辞めたい人
県外転職したい人

県外転職はやっぱり難しいのかな…

確かに県外転職は不利ですが、諦めてはいけません!

ここからは、不利だと思われている県外転職を成功させるポイントを紹介していきます。

コツ①転職活動に必要な費用を調べておく

飲食辞めたい人
県外転職したい人

県外転職っていくら必要か分からないから不安だな…

と、転職活動に必要な費用を事前に調べていないのは絶対にNG!

先程紹介したデータでは、転職活動での平均支出は「54万円3589円」と紹介しました。

ただこの金額は人によって大きく変わってくるので、以下の項目を事前にしっかりと調べておきましょう!

転職活動に必要な費用

  • 交通費
  • 宿泊費
  • 引っ越し代
  • 生活費

「やばい…今の貯金じゃ転職活動の費用が足りないな…」

と感じるなら、貯金・節約・退職などで費用を工面する必要もありますよね。

コツ②県外転職後の生活費を試算しておく

辞めたい人
県外転職したい人

転職後の生活費ってどのくらい必要なんだろう?

と、県外転職後の生活費を把握してないのも、絶対にNGですよ!ちゃんと調べましょう(笑)

調べておくべき生活費の項目

  • 家賃
  • 食費
  • 光熱費
  • 教育費
  • 家具/家事用品

「想像以上に生活費がかかりすぎるから、もう仕事辞めたいな…」

と県外に転職した後に後悔しても手遅れです。

都道府県別消費者物価指数(総務省)

参照:都道府県別物価水準(総務省)

上記は、総務省発表の都道府県別の物価比較データです。

食費・家賃など各項目ごとで当然物価に差がありますね。

家賃に関しても「全国家賃動向」が毎月更新されてますから、チェックしておきましょう!

「自分が転職したい県は物価が安いな!」などと、事前に調査しておきたいですね。

コツ③転職先が決まってから県外へ引越しする

転職する人
県外転職したい人

内定出そうだし先に引越しするぞ!

と、転職先が決まってないのに先に引越しするのは絶対NGです!

県外転職の手順

  • 内定。転職先決定
  • 引越し
  • 転職先で就業開始

上記の手順は必ず守りましょう!

知り合いもいない県外へ先に引越しをしてしまうと、以下のデメリットがあるためです。

内定がでない状態で引越すデメリット

  • 知り合いがおらず孤独感やストレス
  • 仕事もなく貯金の減りが早い(特に都心部)
  • 内定が出る前に貯金がなくなる
  • 貯金がないので、地元に戻らないといけない

などなど。

先に転居するのはデメリットしかないので、まずは内定・転職を先に決定させましょう!

コツ④休日・有給休暇を上手く使い、人事担当者と面接スケジュールを調整する

飲食辞めたい人
県外転職したい人

県外に面接に行くスケジュール調整が難しいな…

在職中に、仕事と県外への転職活動を両立させるには、休日・有給休暇を上手に活用しましょう!

同県内の転職活動であれば、「半休」「仕事終わり」に面接を受けれますよね。

ですが、県外やUターン転職の場合、移動時間が長いため面接を受けるだけで、1日潰れてしまいます。

そのため休日・有給休暇の有効活用が重要です!

また、転職希望先の人事担当者に「遠方のため面接日程を考慮してもらえませんか?」としっかり希望も伝えるべき。

在職中であることを人事担当者も考慮して、あなたの希望日程で調整してくれます。

「仕事しながらの県外転職はムリだ…」

と諦めずに、上手くスケジュール調整をしましょう!

コツ⑤転職エージェントを活用。県外転職のコツを相談

転職する人
県外転職したい人

県外転職なんて自己流でも大丈夫でしょ!

と、自己流の転職活動では内定がでず苦労することなります。

必ず転職エージェントに登録して、あなた専任コンサルトのサポートを受けるべきです!

「転職エージェントを使うメリットってなに?」

と転職エージェント利用経験がないと疑問に感じるかもしれませんね。

県外転職で転職エージェント利用のメリット

  • 自分で探せない県外の優良求人の紹介
  • ネットで見つからない県外企業の社風や待遇の調査
  • 県外転職で受かるための、面接対策の実施

などなど。

県外転職を成功させるためのテクニックを無料で教えてくれるのです。

そのうえ面接日程の調整や給与交渉の代行までしてくれるので、転職エージェントを使わない理由はないですね。

 

⇒「県外転職でも転職エージェントのサポートを受けると、転職成功のコツまで教えてくれるんですね♪(30代/女性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

県外転職で採用されるための転職動機2つ

辞めたい人
県外転職したい人

県外に転職したいけどけ、転職理由はどうすればいいの?

と、県外転職を経験したことがない人にとっては、「転職理由をどう説明すれば採用されやすいのかな?」と疑問に感じますよね。

「ぶっつけ本番で大丈夫でしょ!」

と準備せず面接に臨むと、なかなか採用されないと悩むことになりかねません…。

以下で紹介する転職理由の具体例を参考に、しっかりと準備しておきましょう!

志望動機①県外の企業へ転職したい理由を明確にする

転職する人
県外転職したい人

自分の経験を活かせる企業が県外だったためです!

「県外の企業へなぜ転職したいのか?」の転職理由は明確にしておきましょう!

以下の質問は面接時に必ず質問されますからね。

県外転職で質問される項目

  • 県外企業を志望する理由は?
  • 都市部の方が志望企業が多いのでは?
  • 当社への入社を希望する理由は?
  • 県外の当社で実現したいことは?
  • スキルや経歴を生かして、どの程度利益をもたらすのか?

「でも県外に転職したいのは都市部の県外で収入上げたいだけなんだけど…?」

と、エリアで転職志望の場合でも、面接官を納得させる転職理由を用意しておく必要はあります。

じゃないと

店長・本部
面接官

コイツどこの企業でもいいと思ってるな?不採用!

と、面接落ちすることになりかねません…。企業研究や自己分析をした上で、しっかりとした転職理由を準備しておきましょう!

志望動機②結婚・妊娠・出産を理由に県外転職を志望する

辞めたい人
県外転職したい人

結婚・出産を控えているので県外転職を志望します!

と、結婚・妊娠・出産を理由で県外転職を志望するなら、転職理由としてしっかり伝えましょう!

 

店長・本部
面接官
 

結婚で転職なんて公私混同だ!不採用!

と、マイナス評価を受けて不採用になる企業も一部あります。

ですが、そんな企業はこっちから願い下げてやりましょう!

子育てママへの理解がない古臭い企業はいずれ衰退していきます。

とはいえ以下の項目はしっかりと伝えるべきです。

県外転職を志望する女性の面接ポイント

  • 県結婚何年目か?新婚か?
  • 妊娠・出産の予定は?
  • 両親からの育児サポート有無

「出産・育児ですぐに辞めてしまうのではないか?」

と転職先も企業も不安に感じています。

入社早々育休・産休を取られたり、育児で休まれると企業も困りますからね…。

 

⇒「県外に転職はできないって諦めてました…でも転職エージェントを使ったらすぐ内定でたんです♪(30代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントに登録すべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

転職決まらない人が多く登録している転職エージェントTOP3

マイナビエージェント

>>マイナビエージェント公式サイトで登録(完全無料)

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

特徴としては、専任のキャリアアドバイザーの質が圧倒的に高いことです。

①転職サポートの「期間無制限」で、じっくり転職活動に取り組める!

他転職エージェント「転職サポートを打ち切らせて頂きます」

他の転職エージェントでは3-6ヶ月の期間内に転職を決めないと、転職サポートが打ち切られることもあります。

ですが、マイナビエージェントでは転職サポートの期間は無制限。

「とりあえず転職の相談だけしてみたい」

「非公開求人の中に年収アップ出来る求人がないかチェックしたいな♪」

軽い気持ちでの登録ももちろんOK。

アナタのタイミングで転職すれば良いのです。

②「年収20%UP」させるためのノウハウや事例が豊富

「転職するならやっぱり年収が高い企業に行きたい!」

と、思うのは当然。

マイナビエージェントでは、年収20%アップさせるための事例やノウハウが豊富に用意されています。

年収アップの転職成功事例

年収420万円→500万円(29歳/男性/webマーケティング)

年収350万円→440万円(24歳/女性/ITコンサルタント)

年収750万円→930万円(35歳/男性/監査法人)

③「20-30代・IT系・営業職・大手企業」の求人に強み

「自分に合う転職サービスを使いたい!」

そんなアナタ向けに、マイナビエージェントで各領域に強みをもった求人を紹介しています。

マイナビエージェントの強みの領域

年代→20-30代

業種→IT系

職種→営業職

規模→大手企業

※注:上記以外の求人も豊富。他の転職エージェントより上記領域に強みがある

さらに会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

求人の質も圧倒的に高く、他の転職エージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが強みですね。

 

⇒「転職エージェントにいくつか登録しましたが、1番丁寧に転職活動をサポートをしてくれたのはマイナビエージェントでした(20代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

リクルートエージェント

>>リクルートエージェント公式サイトで登録(完全無料)

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーもレベルが高いのです。

ですがマイナビエージェントの特徴は親切丁寧なサポート。

一方リクルートエージェントの特徴は、キャリアアドバイザーのアドバイスが的確でマイナビエージェントとは強みが異なります。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍。

女性にとっては相談しやすい環境が整っています。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るのが嬉しいポイント。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来る手厚いサービスと言えますね。

 

⇒「業界最大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(30代/女性)」

パソナキャリア

>>パソナキャリア公式サイトで登録(完全無料)

パソナキャリアは、人材派遣業界売上3位のパソナグループが運営する転職エージェントとなります。

特徴を3つ紹介します。

①圧倒的な転職実績。転職支援実績25万人/取引企業1.6万社!

パソナキャリアは各分野に精通したキャリアドバイザーの親身なサポートにより、圧倒的な転職実績を積み上げています。

  • 転職支援実績:25万人
  • 取引実績企業:1.6万社

1位のマイナビエージェントよりは劣りますが、パソナキャリアも親身なサポートを行ってくれると評判です。

②年収UP率67.1%で給料アップしたい転職者に人気

パソナキャリア登録者の67.1%が転職後に年収アップしているデータがあります。

前職を辞めた理由に関する厚生労働省の調査でも、全体の3位で「給料の低さ」があげられています。

「給料が低い!もっと給料が高い会社に転職したい!」

というアナタは、パソナキャリアのような実績ある転職エージェントを使えば、年収アップも期待できます。

③人材派遣会社のノウハウがあるので、女性の転職者への親身なサポートが高評価

先程も記載しましたが、パソナキャリアは大手人材派遣会社運営の転職エージェントです。

人材派遣会社で培った女性向けのサポートノウハウが充実しているので、女性転職者に人気。

  • 結婚
  • 妊娠
  • 出産
  • 休職/復職

女性ならではのライフステージに沿った親身なサポートを、プロのキャリアアドバイザーが行ってくれます。

 

⇒「年収UP率67.1%の言葉に惹かれて登録。確かに他の転職エージェントと比べてもサポートの質が抜群です。親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

コメント

タイトルとURLをコピーしました