正社員が電話で退職を伝える方法10選。試用期間でも辞める3つのコツも!引き止めにあわず懲戒解雇にならないたった1つの方法とは?

Uncategorized

「正社員で電話で退職伝えたいけど、やっぱりマズイいかな?」

勤務先がブラック企業だったり、試用期間内の短期で離職だと「電話で退職したい!」と思って当然です。

「今すぐ転職してやる!」と、準備せずに電話で退職を伝えてしまうのは危険…。。

  • 損害賠償を起こされる
  • 退職が受理されない
  • 無断欠勤として懲戒解雇
  • 給料が振り込まれない
  • 残りの有給休暇がとれない

などなど、リスクだらけ…。

なので今回の記事で紹介している「正社員が電話で退職する時の注意点や対処法」をしっかりと読んで準備しましょう!

具体的には以下の内容を紹介しています。

  1. 電話で退職するメリット・デメリット
  2. 電話で退職しても良いケース・悪いケース
  3. 退職を伝える時の注意点10個
  4. 電話で退職できない時の対処法2選

しっかり読んで対策を立てれば、ストレスなく、出社することなく電話で、退職できますよ。

「本当に電話で退職できるか不安だな…」

と悩むアナタは最後まで読んで参考にして下さいね!

仕事を辞めるまでの流れや手続き8ステップ

飲食辞めたい人
仕事を辞めたい人

今すぐ仕事を辞めたい!

と思っても、すぐに辞めれませんよね。

電話で退職する前に、まずは本来の退職の流れを確認しておきましょう!

退職時・退職後の流れ

辞めたい人
仕事を辞めたい人

退職する時にやらなきゃいけないことって何だっけ?

いざ退職しようとしても、「何をやる必要があるのかな?」と思い出せないことも多いはず。

本来退職するまでの正規の手続きを8つのステップで紹介しますね。

  1. 直属上司へ退職意志を口頭で伝える(退職日の最低2週間前)
  2. 退職交渉。引き止めに遭う場合もあり
  3. 会社・上司が退職了承後、退職日を決定 
  4. 社内・同僚に退職を伝達 
  5. 残務整理や、後任に業務の引継ぎ 
  6. 社内・社外関係者への挨拶
  7. 貸与物(PC・社員証・制服・健康保険証)を返却
  8. 退職に必要な書類(雇用保険被保険者証・源泉徴収票・年金手帳・離職票・厚生年金基金加入証明書・退職証明書)を受取り

    参照:知って役立つ労働法(厚生労働省)

飲食辞めたい人
仕事を退職したい人

退職するまでにやらないといけないこと多いな…

本来は上記8ステップを経て晴れて退職。案外やるべきことって多いですよね…。

電話で退職する場合は、この8つステップを出社せずに全て済ませる必要があります。

「え?じゃあ電話で退職なんて無理じゃん…」

と諦めないで下さい!

しっかりと対策や注意点を伝えていきます♪

 

⇒「電話で辞めてよかった!転職先の雰囲気が良くて、前の職場とは比べ物にならないほど楽しいです♪(20代/女性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

電話で退職を伝えるメリット2つ

飲食辞めたい人
電話で辞めたい人

電話で退職伝えると、どんなメリットがあるんだっけ?

電話で退職するメリットをまずは理解しておきましょう!

もしアナタがメリットを感じなければ、電話で退職する必要もないですからね(笑)

メリットを2つ紹介します。

メリット①出社せず退職できるのでストレスがない

飲食辞めたい人
電話で退職したい人

面と向かって退職を伝えるのは、憂鬱だな…

確か上司と顔を合わせて退職を伝えるのは気が重いですよね…。

ですが、電話で退職を伝えれば出社する必要もなし!ストレスがなく退職できる点はメリットです!

参照:教えてgoo

辞めたい人
電話で退職したい人

他にはどんなメリットがあるの?

電話で退職すると、ストレスがない場合以外にも様々なメリットがあります!

具体的なメリット

  • 退職を引き止められない
  • 引継ぎしなくよい
  • 気が合わない上司や同僚に会わなくてよい
  • 退職を伝えた時に対面で恫喝される心配がない
  • 退職を認めるしかない。一方的に退職を伝えれる

「会社に行って上司と退職交渉するのはムリ…」という精神的に追い込まれているアナタ。

そんなアナタは電話で退職するべきです!電話だったら引き止めにあうこともなく、すぐに辞めれますよ。

メリット②試用期間中でも電話で退職できる

飲食辞めたい人
電話で退職したい人

まだ試用期間中だけど、この会社辞めたいな…

「試用期間中だけど電話で退職してもいいのかな…?」

と感じるかもですが、試用期間中でも電話で退職できますよ!

試用期間中に電話で退職したいアナタは、以下の退職例も参考にして下さいね!

試用期間中の退職理由例

  • 社風や事務所内の雰囲気が合わない
  • やりたかった仕事内容ではない
  • 人間関係が合わない
  • 仕事のストレスで体調不良(頭痛・吐き気など)

試用期間中でも即日退職はできない

辞めたい人
電話で退職したい人

試用期間中だから即日退職できるよね?

と間違った情報がネット上で紹介されていました。ですが試用期間中でも2週間前の退職通知は必要です。

「じゃあ試用期間中でも、2週間は我慢しないといけないのか…」

と思うかもですが、以下のどちらかを満たせば即日退職可能です!

試用期間中の退職理由例

  1. 会社に相談して即日退職の合意があった場合
  2. パワハラ/セクハラなど労働環境が原因と、労働基準監督署が判断した場合

「即日辞めれるのか?」もしくは、「2週間後たたないと辞めれないのか?」
 
しっかりと確認してから退職を進めるようにしましょう!
 

電話で退職を伝えるデメリット2つ

飲食辞めたい人
電話で退職したい人

電話で退職するのと、デメリットもあるよね…?

電話で退職を伝えるのはメリットも多いのですが、もちろんデメリットもあるんです…。

デメリットも把握したうえで、電話で退職するかどうか判断しましょう!

デメリット①上司や同僚を不快にさせ円満退社できない可能性

上司「電話だけで退職なんて非常期な奴だ!お世話になった恩を仇で返すとは!」

電話で退職すると、上司や同僚を不快にさせる可能性もあります。

上司・同僚との間にしこりが残り円満退社できない覚悟は必要。

「揉め事なく穏便に退職したい!」

という場合は、直接会って退職を伝えたほうが無難です。

デメリット②引き継ぎが十分にできず会社や後任に迷惑をかける

店長・本部
上司

いきなり電話で辞められたら引継ぎできないじゃないか!?

十分な引き継ぎができないので、会社や後任に迷惑がかかる可能性もあります…。

「でも引継ぎって絶対しなくちゃいけないの?」

引継ぎしなくても大丈夫!法律上は引き継ぎは義務ではないので気にする必要はありません。

ですが、仕事は引き継いだ人は状況がわからないので、アナタが辞めた後相当大変です(笑)

デメリット③社会人としてマナーには欠けた行為

店長・本部
上司

電話で退職なんて常識なさすぎだろ!?

電話で退職する方は楽ですが、正社員として電話1本で退職するのは、社会人のマナーに欠けた行為と判断されます。

本来は、出社して上司や人事に直接退職の意志を伝えるのが一般的ですよね。

「でも直接退職を伝えても引き止められるのが面倒くさい…」

と、「上司が聞く耳を持たない」「退職を伝えると脅してくる」など、退職を認めないブラック企業も存在します。

事情がある場合は、気にせず電話で退職しちゃってOKです!

 

⇒「退職方法で揉めていて困ってました。でも転職エージェントの担当さんが親身に退職のコツまで教えてくれたんです!(20代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

退職を電話で伝えても問題ない3つのケース

飲食辞めたい人
電話で退職したい人

本当に電話で退職してもいいのかな…?

「自分の場合は電話で退職しても良いのか?」と、不安に感じますよね。

電話の退職が許されるケースを具体的に紹介していきます!

ケース①心身が限界。会社・仕事のことを考えるだけ体調不良になる

飲食辞めたい人
電話で退職したい人

会社や仕事のことを考えるだけで憂鬱になる点

「会社・仕事の考えるだけで体調が悪くなる…」

と、というアナタは既にストレスで心身が限界を迎えています。

今すぐ電話して退職を伝えましょう!

「他の人は、どんなことで仕事のストレスを感じてるんだろう?」

といういうのも気になるところ。

仕事で感じるストレスで多いものは以下です。

参照:労働安全衛生調査(厚生労働省)

上記は厚生労働省による「仕事で感じるストレスの有無と内容」に関する調査データです。

ストレスの内容TOP3
1位:仕事の質・量(62.6%)
2位:仕事の失敗(34.8%)
3位:対人関係。パワハラ・セクハラ(30.6%)
「仕事の量が多すぎる…」とストレスに感じる人が多いことが分かります。
 
ストレスを既に限界まで感じているなら、「原因となる上司の顔も見たくない!」と考えるのも当然。
 
「ストレスは自分1人で対処するしかないのかな…?」
と思うかもですが、公的機関の相談窓口(無料)があります。1人で抱え込まずに相談も検討しましょう!

ケース②怪我や病気など入院中。出社が困難な場合

飲食辞めたい人
電話で退職したい人

怪我をしてしばらく入院している場合はどうするの?

と、怪我や病気で出社ができない場合も、電話でしか退職を伝えようがありません。

わざわざ上司や人事を呼び出してまで退職を伝えるのも大変です。

ですので、電話で退職を伝えても問題ありませんよ!

ケース③家族の介護や看護で出社できない場合

飲食を辞めたい人
電話で退職したい人

親の介護で出勤もできないなら電話で退職してもいいのかな?

「介護や看護で出社する時間もとれない!」

という場合も電話で退職を伝えるのも仕方ありませんよね。

平成29年の前職を辞めた理由の調査(厚生労働省)

参照:転職入職者が前職を辞めた理由別割合(厚生労働省)

「でも介護・看護で退職するのは許されるの…?」

と不安に感じるかもですが、全く気にする必要はありません!

上記は厚生労働省が発表した、「前職を辞めた理由」の調査データです。

女性は、「育児・出産」で退職した人と同じくらい「介護・看護」が理由で退職しています。

女性の退職理由(平成28年)
「介護・看護」⇒1.5%
・「出産・育児」⇒1.5%
・「結婚」⇒2.5%
介護・看護で退職するのは一般的なこと。堂々と電話で退職を伝えましょう!
 

電話で退職を伝える時の具体例2選

飲食辞めたい人
電話で退職したい人

電話で退職を伝えるときは、どう伝えればいいんだろう?

と、ほとんどの人は電話で退職なんてしたことがないはず。

「どう伝えればいいんだろう?」と疑問に感じますよね。以下の具体例を参考にして下さい。

具体例①退職理由は言わずに退職を伝える

「お疲れ様です。〇〇です。急ですが2週間後に退職させて頂きます。

理由は一身上の都合です。本来は出社するべきですが、電話で失礼致します。」

ポイント
・退職理由は説明しない
・2週間後と期限を決めて退職を伝える
・「退職する」と曖昧せずはっきり伝える

具体例②転職が決定済みであることを理由に退職を伝える

「お疲れ様です。〇〇です。来月から別の企業へ転職することが決まりました。今月いっぱいで退職とさせて頂きます。残りは取捨せず有給休暇を取得させて頂きます。よろしくお願いします。」
ポイント
・転職で来月以降は出社できないと、明確に退職期日を伝える
・出社しない、有給休暇を取得することを伝える

正社員が電話で退職する時の注意点10個

転職する人
電話で退職したい人

よし電話して、今すぐ退職するぞ!

と意気込みは素晴らしいですが、準備万端かどうか?確認してから電話しましょう!

「準備なんていらないでしょ?電話すればいいだけだよね?」

と、なんの準備もせずに勢いで電話してしまうと、後で後悔しかねません…。

  • 退職時期は法律ルールに沿ってる?
  • 会社の誰にどのように伝える?
  • 内容証明を使ったほうが理由は?

などなど。「既に知ってるよ!」と場合もしっかり確認してから電話するようにしましょう♪

注意点①退職日は最低2週間後。退職前に伝える義務がある(民法627条)

飲食辞めたい人
電話で退職したい人

限界だから今すぐ電話して辞めてやる

電話で退職しようとするくらいですから、できれば今すぐにでも辞めたいですよね。

ですが、電話したからといって即日の退職はできません。

法律では「退職の2週間前までに退職の意志を伝える」とされています(民法627条)。

電話で退職を伝えた後は有給休暇を取得する

飲食辞めたい人
電話で退職したい人

今すぐ辞めたいのに2週間も出勤したくない!

と、「2週間も出社できない!」というアナタは、電話で退職を伝えた後に有給休暇を取得しましょう。

年次有給休暇の付与日数の表(厚生労働省)

参照:厚生労働省

勤続6ヶ月以上なら最低でも10日間の有給休暇が残っているはずです。

会社「は?辞めるのに有給なんて取らせねぇよ!引継ぎあるだろ!?」

と、有給を取らせない会社もありますが、有給は絶対に取れます!

有給休暇の取得は労働者の権利。そもそも会社側が拒否することはできないんです!労働基準法第39条

年次有給休暇は、事業場の業種、規模に関係なく、全ての事業場の労働者に適用されます。労働基準法は、労働条件の最低基準を定めた強行法規ですので、有給休暇の制度を設けないことは許されません。

参照:大阪労働局

万が一会社側が、有給休暇の取得を拒否しても、出勤する必要はないですよ!

飲食辞めたい人
電話で退職したい人

それでも会社が有給を取らせてくれない時はどうするの…?

と、意地でも会社側が有給取得を認めない場合は、最寄りの労働基準監督署や、ハローワークに相談しましょう!

労働基準監督署「有給を取らせないと言っているそうですよね。会社名を公表しますよ?」

会社「…はい。すいません。すぐに有給を取らせます…」

と労働基準監督署から、会社側に指導してくれますよ(笑)

2週間前に退職の意思を伝える(労働基準法第39条)が就業規則よりも優先される

辞めたい人
電話で退職したい人

でも就業規則で3ヶ月前に申告が必要って書いてる場合はどうするの?

と就業規則に、退職には3ヶ月前に申告が必要と書かれているケースがありますよね。

その場合「就業規則」と「2週間前の退職」のどちらが優先されるのか?不安に感じるかもしれません。

ですが安心して下さい!就業規則よりも、2週間前の退職意思の法律労働基準法第39条が優先されます!

仮に就業規則で「退職は3ヶ月前申告」と記載があっても、気にせず2週間後に退職しちゃいましょう♪

 

⇒「退職って2週間前なんですね!3ヶ月前と思ってましたw転職相談に行ったのに、退職のサポートまでしたくれたんです!(30代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

注意点②直属の上司/人事などキーマンに退職に意思を伝える

転職する人
電話で退職したい人

上司に退職を伝えるのは気まずいから、同僚に伝えてもらおう!

電話で退職を伝える場合も、キーマンである”直属の上司”か”人事”に伝えるようにしましょう!

「気まずいから同僚に代わりに伝えてもらっておけばいいかな♪」

と、伝える相手を間違うと退職できなくなります…。

「でも上司とだけは絶対に直接話したくない…」

という場合は、人事にだけ退職を伝えて、人事から上司に伝えるように依頼しておけばOKです。

そうすれば上司と話さず退職できますよー!

注意点③直属の上司より役職が上の人に先に退職を伝えない

転職する人
電話で退職したい人

どうせ社長や役員に話がいくし、先に伝えちゃおう!

と直属の上司より先に、役職が上の人に退職を伝えるのはNGですよ!

「どうして先に直属の上司に伝えないといけないの?」

と、思うかもですが直属の上司からすると「メンツを潰された」「管理能力を疑われる」と感じ後々面倒だから(汗)

直属の上司から、退職時に無駄な反感や嫌がらせを受ける可能性があります…。

パワハラや職場いじめを受けている場合は例外として、基本的には直属の上司に1番初めに伝えるのが無難です。

注意点④電話での退職を謝罪する

飲食辞めたい人
電話で退職したい人

急な電話での退職となってしまい、申し訳ありません

突然の電話での退職となったことは素直に謝罪しておきましょう!

本音では「クソ上司が!」と思っていてもOKです(笑)形だけでも謝っておいた方が退職はスムーズになります。

突然の退職で企業が大変なこと

  • 引継ぎが十分にできず会社や後任者が大変
  • 欠員人材の補充。採用活動や採用費が必要
  • 客先からの信頼を失う
  • 既存社員の離職率が上る可能性

一方的に退職を伝えたために、会社側も意地になり、無駄なトラブルが増える可能性もあります。

が、辞めるアナタの立場からすると、「会社がどうなろうが知ったこっちゃない!」と思いますよね(笑)

なので、口先だけの謝罪でも十分です!

注意点⑤直属の上司と電話で話しやすい時間にかける

飲食辞めたい人
電話で退職したい人

あの~お話がありまして…

店長・本部
上司

今忙しいんだよ!さっさと出勤して、用があるなら直接話せ!

と、電話したものの上司が「忙しい!」と言って話を聞いてくれない場合もあるはず。

電話で退職を掛けるときには、直属の上司とゆっくり話ができる時間に電話を掛けるようにしましょう!

 
「でもいつ電話を掛けるのがいいんだろう?」

と疑問に感じるかもしれませんね。掛けるべき時間としては以下がオススメです。

退職の電話を避けるべき時間

・始業開始時間の前後
・休憩時間の前後
・就業時間の前後
・会議の時間など上司が忙しい時間

上司が忙しいと分かっている時間は避けて電話をかけましょう!

せっかく退職の電話をかけても「忙しいから後にして!」と後回しにされると面倒ですからね。

注意点④引き止めに遭わないために退職理由は「一身上の都合」で通す

飲食辞めたい人
電話で退職したい人

退職させて頂きたくて…

店長・本部
上司

退職の理由はなんだよ?ハッキリ言えよ?

電話で退職しようとしても、上司からしつこく「退職理由は?」と聞かれることもあります。

「どういう退職理由が1番スムーズに辞めれるのかな?」と疑問に感じるかもしれません。

電話で伝える時の退職理由は、「一身上の都合」で通しきりましょう!

「なぜ一身上の都合がいいの?」

と疑問に感じるかもですが、色々と理由をいっても会社や上司から引き止めに遭い面倒だからです(笑)

退職理由を正直に伝えると引き止めに遭う

・「給料が低い」⇒「給料上げてやる(少し)」

・「仕事内容が不満」⇒「部署異動も検討する(かも)」

・「人間関係が不満」⇒「部署異動も検討する(かも)」
 ※改善されるかは不透明。引き止めるだけの可能性も。

退職理由を言えば、いちいち上司の引き止めが入り、退職までに無駄に引き伸ばされます。

上司「じゃあ給料上げるように人事に交渉するから!とりあえず出勤して様子見しろよ?なっ?」

などなど、実に面倒です。

本当の退職理由を会社に伝える義務はなし!「一身上の都合で退職します」の退職理由で押し切るべきです。

注意点③退職の意思を明確に伝える。曖昧にしない

飲食辞めたい人
電話で退職したい人

「辞めようと思ってるんですけど~」

と曖昧な言い方は絶対にNGです。

「2週間後の○月○日に退職します!理由は△です。残りは出勤せずに有給休暇にあてます」

と明確に退職の意思を伝えましょう。

退職や、退職時期を曖昧にすると、自己都合退職ではなく、懲戒解雇処分でクビとなるリスクもあります…。

曖昧に退職を伝えるリスク
長期無断欠勤となり懲戒解雇で退職とされるリスク
転職する人
電話で退職したい人

辞めれるなら懲戒解雇でも大丈夫でしょ!

と安易に考えてはいけません!

本来は自己都合退職なのに、懲戒解雇となるとデメリットだらけだからです。

懲戒解雇のデメリット

1:再就職しづらくなる可能性
懲戒解雇は自分から話さないと転職先にバレるリスクは少ないです。隠したまま入社する人が多いです。ですが万が一バレてしまった場合は経歴詐称として、再度懲戒解雇となる可能性もあります。

2:退職金がもらえない
懲戒解雇されると退職金が支給されなかったり、支給されても全額は受け取れないことがあります。細かなルールは会社規定で異なります。

懲戒解雇のリスクもありますから、電話であっても退職意思は明確に伝えるべきです!

 

⇒「ほんとに前職を辞めてよかった!給料安いし長時間労働…でも転職先は定時帰りで、給料は2倍にアップです!(30代/女性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

注意点④内容証明郵便を使って退職届を送付する

店長・本部
上司

電話で退職なんて聞いてない!退職は無効!

相手がブラック企業だと、電話での退職は聞いてないとはぐらかされることもあるので要注意。

「じゃあ電話で退職なんてムリじゃん…」

と諦める必要はありません!

念を入れて、内容証明郵便で退職届を郵送すると確実に退職できます!

普通郵便ですと「退職届なんて受け取ってない!」と会社側が嘘をつくのを避けれますよ!

辞めたい人
電話で退職したい人

内容証明郵便ってなに?

と、内容証明郵便がどんなものか分かりづらいですよね。

内容証明とは?

いつ、いかなる内容の文書を誰から誰あてに差し出されたかということを、差出人が作成した謄本によって当社が証明する制度です。

参照:郵便局

最短で確実に退職する方法
電話で退職の連絡

内容証明郵便で退職届を郵送

会社や上司は退職を受け入れざるえない

注意点⑤電話での退職のやり取りを録音しておく

店長・本部
上司

電話なんて知らないな~無断欠勤でしょ?

と、電話で退職ですと証拠が残らず、後々トラブルになる可能性もあります。

電話で退職しようとしているなら、会社や上司とのやり取りは録音しておきましょう!

「でも録音したらトラブルにならない?」

と不安に感じる必要はなし!東京地裁でも”録音は問題なし”と判決が出ています。

 参照記事 米金融会社「解雇無効」判決 東京地裁(朝日新聞)

会社側が、脅迫まがい脅しをかけてくることもあるので、絶対に録音はするべき。

よくある会社側からの脅迫

  • 退職を認めないと出勤を強要
  • 会社都合にも関わらず懲戒解雇と脅す。解雇予告手当も支払わない
  • 退職は認めるが有給休暇は取得させない
  • 退職で会社に迷惑をかけるので損害賠償請求と脅してくる
  • 現金で給料を渡すから出社しろと脅す(ずっと振込だったのに)

実際、yahoo知恵袋でも退職時の会社側からの脅しに関する相談がたくさんあります…(汗)

脅迫相談1:退職勧奨なのに、懲戒解雇で辞めさせようとする

参照:yahoo知恵袋

脅迫相談2:退職が認められず、誹謗中傷や裁判を起こすと脅してくる

参照:yahoo知恵袋

退職を電話で伝える時の録音方法

辞めたい人
電話で退職したい人

でも電話でのやり取りはどうやって録音するの?

と録音方法も気になりますよね。

方法としては2つあります。1つは電話をスピーカーにして、ICレコーダーで録音する方法です。

3,000円以内で購入できるので、用意しておくと安心です。

もう1つは家族や友人のスマホやタブレットの録音機能を使う方法もあります。

バッチリ録音できるよう準備万端にしてから、退職の電話をするようにしましょう!

 

⇒「短期離職で転職はできない!と諦めてました…。でも転職エージェントに相談したら内定5社でたんです!(20代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

注意点⑥退職前に引継書を用意しておく

店長・本部
上司

引継ぎもせずに辞めやがって!訴えてやる!

電話で退職を伝える前に引継書を用意しておくと安心です。

引継ぎせずに退職すると、「損害賠償請求するぞ!」と脅してきたり、「引き継ぎしろ!」と退職後に連絡きたりと色々面倒だからです。

「そもそも引継ぎって法律上はどういうルールなの?」

ただ退職後のトラブルを避けるのがベスト。引継書を用意しておき会社や後任に迷惑をかけないようしましょう!

法律上引継ぎ義務はあるのか?
法律上で引継ぎ義務の規定はありません。ただ信義則上の義務から、退職の引継ぎは必要とされています。さらに就業規則で「引継ぎ義務」が規定されている可能性もあります。
ですが引継ぎしなくても損害賠償請求を起こされることはほぼありません。
   参照:ロア・ユナイテッド法律事務所

法律上明確な義務はありません。

アナタのデスクに引継書を置いておくか、電話で退職を伝えた後に郵送する方法があります。

注意点⑦私物は少しずつ持ち帰っておく

飲食辞めたい人
電話で退職したい人

電話で退職したいのに、私物どうしよ…取りに行くのは憂鬱だな…。

と、電話で退職するのに、わざわざ私物を取りに行くのに出勤するのは誰だってイヤですよね(笑)

退職前に少しずつ私物は持ち帰っておくようにしましょう!

電話で退職を伝えると、その日から出社しませんよね?

出社しないと私物も回収できないので電話する前に私物は全て持ち帰っておくのがベストです。

「私物は会社に処分を依頼するから大丈夫!」

というのはNG。

会社側も勝手に処分した!と言われないために「出社して取りに来い!」と連絡してきます。

せっかく電話で退職を伝えたのに、私物のために出社するのは面倒ですからね。

注意点⑧会社の備品や貸与物は郵送で返却する

転職する人
電話で退職したい人

返却物は郵送します!

電話での退職後会社に返却しないといけないものは、郵送で対応すれば大丈夫です!

店長・本部
上司

郵送での返却は受け付けないからな!

と脅してくる上司もいますが、わざわざ出社して返却する義務はないので無視してOK(笑)

退職時に返却するもの

  • 健康保険証
  • 名刺
  • 制服
  • 社員証・IDカード・カードキー・社章
  • 通勤定期券(現物支給の場合)
  • 貸与されたPC・事務用品

上記のものは、どんどん郵送で返却しちゃいましょう♪

注意点⑨電話せずバックレで退職は絶対に避ける

転職する人
電話で退職したい人

電話するのも面倒だしバックレちゃおう!

「退職するのに電話もしたくない!」

と思う気持ちも分かりますが、電話連絡せずにバックレるのだけは止めておきましょう。

「どうしてバックレはダメなの?」

と思うかもですが、下記で紹介しているようにバックレはリスクしかないのです…(汗)

バックレた場合のリスク

  • 懲戒解雇
  • 損害賠償請求
  • 上司が家までくる
  • 捜索願を出される(安全配慮義務
  • 何度も電話がかかってくる

電話もできないほど追い込まれている場合は、後に紹介する「電話でも退職できない時の対処法2選」を参考にして下さい。

注意点⑩退職に必要な書類・証明書が発行されない場合の対処法

飲食辞めたい人
電話で退職したい人

離職票送ってくれない時はどうしたらいいの…?

電話での退職で円満退社ではなかった場合、退職に必要な書類や証明書を発行しない企業もいます(汗)

「退職や、今後の転職先で必要な書類が送られてこない場合はどうするか?」

まずは会社に発行請求をしましょう。

ですが、何度いっても発行されないこともあるんです…。

そのときは各公的機関に問い合わせると、アナタの代わりに会社に連絡してくれますよ。

退職書類発行の公的機関の相談先

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントに登録すべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

転職決まらない人が多く登録している転職エージェントTOP3

マイナビエージェント

>>マイナビエージェント公式サイトで登録(完全無料)

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

特徴としては、専任のキャリアアドバイザーの質が圧倒的に高いことです。

①転職サポートの「期間無制限」で、じっくり転職活動に取り組める!

他転職エージェント「転職サポートを打ち切らせて頂きます」

他の転職エージェントでは3-6ヶ月の期間内に転職を決めないと、転職サポートが打ち切られることもあります。

ですが、マイナビエージェントでは転職サポートの期間は無制限。

「とりあえず転職の相談だけしてみたい」

「非公開求人の中に年収アップ出来る求人がないかチェックしたいな♪」

軽い気持ちでの登録ももちろんOK。

アナタのタイミングで転職すれば良いのです。

②「年収20%UP」させるためのノウハウや事例が豊富

「転職するならやっぱり年収が高い企業に行きたい!」

と、思うのは当然。

マイナビエージェントでは、年収20%アップさせるための事例やノウハウが豊富に用意されています。

年収アップの転職成功事例

年収420万円→500万円(29歳/男性/webマーケティング)

年収350万円→440万円(24歳/女性/ITコンサルタント)

年収750万円→930万円(35歳/男性/監査法人)

③「20-30代・IT系・営業職・大手企業」の求人に強み

「自分に合う転職サービスを使いたい!」

そんなアナタ向けに、マイナビエージェントで各領域に強みをもった求人を紹介しています。

マイナビエージェントの強みの領域

年代→20-30代

業種→IT系

職種→営業職

規模→大手企業

※注:上記以外の求人も豊富。他の転職エージェントより上記領域に強みがある

さらに会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

求人の質も圧倒的に高く、他の転職エージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが強みですね。

 

⇒「転職エージェントにいくつか登録しましたが、1番丁寧に転職活動をサポートをしてくれたのはマイナビエージェントでした(20代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

リクルートエージェント

>>リクルートエージェント公式サイトで登録(完全無料)

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーもレベルが高いのです。

ですがマイナビエージェントの特徴は親切丁寧なサポート。

一方リクルートエージェントの特徴は、キャリアアドバイザーのアドバイスが的確でマイナビエージェントとは強みが異なります。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍。

女性にとっては相談しやすい環境が整っています。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るのが嬉しいポイント。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来る手厚いサービスと言えますね。

 

⇒「業界最大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(30代/女性)」

パソナキャリア

>>パソナキャリア公式サイトで登録(完全無料)

パソナキャリアは、人材派遣業界売上3位のパソナグループが運営する転職エージェントとなります。

特徴を3つ紹介します。

①圧倒的な転職実績。転職支援実績25万人/取引企業1.6万社!

パソナキャリアは各分野に精通したキャリアドバイザーの親身なサポートにより、圧倒的な転職実績を積み上げています。

  • 転職支援実績:25万人
  • 取引実績企業:1.6万社

1位のマイナビエージェントよりは劣りますが、パソナキャリアも親身なサポートを行ってくれると評判です。

②年収UP率67.1%で給料アップしたい転職者に人気

パソナキャリア登録者の67.1%が転職後に年収アップしているデータがあります。

前職を辞めた理由に関する厚生労働省の調査でも、全体の3位で「給料の低さ」があげられています。

「給料が低い!もっと給料が高い会社に転職したい!」

というアナタは、パソナキャリアのような実績ある転職エージェントを使えば、年収アップも期待できます。

③人材派遣会社のノウハウがあるので、女性の転職者への親身なサポートが高評価

先程も記載しましたが、パソナキャリアは大手人材派遣会社運営の転職エージェントです。

人材派遣会社で培った女性向けのサポートノウハウが充実しているので、女性転職者に人気。

  • 結婚
  • 妊娠
  • 出産
  • 休職/復職

女性ならではのライフステージに沿った親身なサポートを、プロのキャリアアドバイザーが行ってくれます。

 

⇒「年収UP率67.1%の言葉に惹かれて登録。確かに他の転職エージェントと比べてもサポートの質が抜群です。親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

電話でも退職できない時の対処法2選

「上司からのパワハラで電話でも退職を伝えれない…」

と精神的に限界まで追い込まれているアナタへの対処法を紹介しておきます。

対処法①退職代行を使う

飲食辞めたい人
電話で退職したい人

バックレもできないし、電話で上司と話すのも嫌だ…

「会社とも上司とも関わりたくない!」というほど追い込まれている場合、退職代行の利用も検討しましょう!

「退職代行ってなに?」

と、あまり聞き慣れない言葉ですよね。

退職代行とは?
退職代行業者が、あなたに代わって退職の意思を伝えたり、退職手続きを進めてくれるサービスです。金額は3-5万円の必要で依頼できます。
辞めたい人
電話で退職したい人

でも退職代行を使うのは大げさじゃないのかな…

と思うかもですが、退職代行は人気のサービスで月間300人ほど申込みがあります。

NHKでも紹介されたこともあり、人気のサービスとなっているんですよ。

 参照記事 なぜ広がる?「退職代行」サービス(クローズアップ現代/NHK)

こちらは、TBSの朝の情報番組ビビットで特集された動画ですね。

退職代行利用のメリットや注意点

辞めたい人
電話で退職したい人

退職代行の選び方ってあるの?

退職代行サービスは最近急増しています。ですので選び方には注意しましょう。

退職代行サービスがたくさんありますが、弁護士による退職代行業者か確認するべき。

弁護士法第72条では、弁護士以外が営業行為で法律事務を行うことが禁止されています。

弁護士以外が交渉すると、非弁行為と呼ばれ弁護士法違反です。ですので弁護士を介さない退職代行サービスの場合一切の交渉ができなくなります。

弁護士を介した退職代行サービスを使うメリット
・残りの有給休暇の取得交渉
・未払い給料/残業代/慰謝料の請求
・退職日の調整
・うつ病などの労災申請
・損害賠償を請けた場合の対応

労働相談は年間110万件。5人に1人がブラック企業だと感じている

退職を含めた労働全般で悩んでいる人はたくさんいます。

労働局への労働相談は10年連続で100万件を超え。「自己都合退職」「解雇」に関する相談も7万件以上あります。

平成29年総合労働相談件数(厚生労働省)

参照:厚生労働省

さらに、日本労働組合総連合会が3,000名から行ったアンケートでは、「5人に1人が勤務先がブラック企業だと感じる」と回答しています。

ブラック企業だと思うか?アンケート(日本労働組合総連合会)

参照:日本労働組合総連合会

あなただけではなく多くの人が悩んでいるので、退職代行を使うことに躊躇する必要はありませんよ!

人気の退職代行サービスTOP3

1位:SARABA

人気の退職代行サービス1位はSARABAです。

特徴としては、

  • 24時間/相談回数無制限で対応可能
  • 即日退職可能
  • 退職できない場合100%返金保証

価格も29,800円と安いので気軽に使えるサービスです。

\29,800円で退職できる/
 
2位:汐留パートナーズ法律事務所
 
人気ランキング2位の退職代行サービスは汐留パートナーズ法律事務所です。

特徴としては、

  • 弁護士が退職代行を行うので安心
  • 価格は54,000円と少し高い
  • 退職だけでなく、未払い賃金・パワハラの交渉も可能

弁護士に依頼できるので圧倒的な安心感のあるサービスとして人気です。

\弁護士に依頼できる安心感が人気/
 
3位:EXIT

人気ランキング3位はEXITです。

特徴としては、
  • LINEで気軽に相談できる
  • 2回目以降の利用で1万円引き
  • NHK・テレビ朝日などメディア掲載実績No.1

メディア出演が多く、最近急上昇の退職代行サービスです。

\メディア掲載実績No.1/

対処法②転職活動を始めて転職先を決めてしまう

次の転職先を決めてしまい、物理的に今の会社に行けない状況を作りましょう♪

転職時期も決まっていれば、今の会社に行きたくても行けませんからね(笑)

「でも転職活動ってどうすればいいか分からない…」

というアナタは転職エージェントを活用しましょう!

人気の転職エージェントを使えば、転職先の紹介だけではなく、今の会社をスムーズに辞めるテクニックも紹介してくれます。

毎日のように退職に悩む人の相談を受けていますからね。

的確なアドバイスをくれます。

「でも人気の転職エージェントってどこなんだろう?」

と疑問に感じる人は、以下を参考にしてくださいね。

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントに登録すべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

転職決まらない人が多く登録している転職エージェントTOP3

マイナビエージェント

>>マイナビエージェント公式サイトで登録(完全無料)

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

特徴としては、専任のキャリアアドバイザーの質が圧倒的に高いことです。

①転職サポートの「期間無制限」で、じっくり転職活動に取り組める!

他転職エージェント「転職サポートを打ち切らせて頂きます」

他の転職エージェントでは3-6ヶ月の期間内に転職を決めないと、転職サポートが打ち切られることもあります。

ですが、マイナビエージェントでは転職サポートの期間は無制限。

「とりあえず転職の相談だけしてみたい」

「非公開求人の中に年収アップ出来る求人がないかチェックしたいな♪」

軽い気持ちでの登録ももちろんOK。

アナタのタイミングで転職すれば良いのです。

②「年収20%UP」させるためのノウハウや事例が豊富

「転職するならやっぱり年収が高い企業に行きたい!」

と、思うのは当然。

マイナビエージェントでは、年収20%アップさせるための事例やノウハウが豊富に用意されています。

年収アップの転職成功事例

年収420万円→500万円(29歳/男性/webマーケティング)

年収350万円→440万円(24歳/女性/ITコンサルタント)

年収750万円→930万円(35歳/男性/監査法人)

③「20-30代・IT系・営業職・大手企業」の求人に強み

「自分に合う転職サービスを使いたい!」

そんなアナタ向けに、マイナビエージェントで各領域に強みをもった求人を紹介しています。

マイナビエージェントの強みの領域

年代→20-30代

業種→IT系

職種→営業職

規模→大手企業

※注:上記以外の求人も豊富。他の転職エージェントより上記領域に強みがある

さらに会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

求人の質も圧倒的に高く、他の転職エージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが強みですね。

 

⇒「転職エージェントにいくつか登録しましたが、1番丁寧に転職活動をサポートをしてくれたのはマイナビエージェントでした(20代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

リクルートエージェント

>>リクルートエージェント公式サイトで登録(完全無料)

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーもレベルが高いのです。

ですがマイナビエージェントの特徴は親切丁寧なサポート。

一方リクルートエージェントの特徴は、キャリアアドバイザーのアドバイスが的確でマイナビエージェントとは強みが異なります。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍。

女性にとっては相談しやすい環境が整っています。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るのが嬉しいポイント。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来る手厚いサービスと言えますね。

 

⇒「業界最大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(30代/女性)」

パソナキャリア

>>パソナキャリア公式サイトで登録(完全無料)

パソナキャリアは、人材派遣業界売上3位のパソナグループが運営する転職エージェントとなります。

特徴を3つ紹介します。

①圧倒的な転職実績。転職支援実績25万人/取引企業1.6万社!

パソナキャリアは各分野に精通したキャリアドバイザーの親身なサポートにより、圧倒的な転職実績を積み上げています。

  • 転職支援実績:25万人
  • 取引実績企業:1.6万社

1位のマイナビエージェントよりは劣りますが、パソナキャリアも親身なサポートを行ってくれると評判です。

②年収UP率67.1%で給料アップしたい転職者に人気

パソナキャリア登録者の67.1%が転職後に年収アップしているデータがあります。

前職を辞めた理由に関する厚生労働省の調査でも、全体の3位で「給料の低さ」があげられています。

「給料が低い!もっと給料が高い会社に転職したい!」

というアナタは、パソナキャリアのような実績ある転職エージェントを使えば、年収アップも期待できます。

③人材派遣会社のノウハウがあるので、女性の転職者への親身なサポートが高評価

先程も記載しましたが、パソナキャリアは大手人材派遣会社運営の転職エージェントです。

人材派遣会社で培った女性向けのサポートノウハウが充実しているので、女性転職者に人気。

  • 結婚
  • 妊娠
  • 出産
  • 休職/復職

女性ならではのライフステージに沿った親身なサポートを、プロのキャリアアドバイザーが行ってくれます。

 

⇒「年収UP率67.1%の言葉に惹かれて登録。確かに他の転職エージェントと比べてもサポートの質が抜群です。親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

コメント

タイトルとURLをコピーしました