PR

残業させてもらえない理由3選。辛い・ストレスに感じる原因3つ紹介!残業代がでず給料を稼げないなら転職だ!

Uncategorized
PR

「残業させてもらえない…」

と、残業ができなくて困っている人も最近増えてきています。

「え?残業ないなんてメッチャいいじゃん!」

と事情を知らない友人などは気楽に言ってきますよね(汗)

ですが、「残業禁止=業務量が減る」わけではないのが大変な点です。

業務量は今までと変わらないのに、ある日突然定時帰りを強制される…。

でも仕事が片付かないと「オマエあの仕事どうなってるんだ!?早くやれよ!!」と怒られるのは本当に納得いきません!

「残業させてもらえない時はどうしたらいいんだろう…?」

と悩むアナタに以下の内容を紹介します!

  • 他の人はどのくらい?残業時間の調査データ3選
  • 残業させてもらえない理由4つ
  • 残業できない辛い理由3つ
  • 残業できないから転職するときの注意点3選

残業で悩むアナタの参考にして下さいね!

 

⇒「残業させてもらえないのがストレス…でも転職したら好きなだけ残業できます!毎日仕事が楽しくなりました♪(30代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

残業の平均はどのくらい?企業の残業時間に関する調査データ3選

「他の人はどのくらい残業してるんだろ?」

自分の会社のことは分かりますが、他の会社がどのくらい残業しているのかは分かりませんよね。

具体的なデータを紹介していきます!

「あなたの会社の残業が多いのか?少ないのか?」の参考にしてくださいね。

データ①正社員の平均残業時間は54分/日

通常勤務日の正規労働者の残業時間(連合)

参照:通常勤務日の残業時間(連合)

上記は、1日の平均的な労働時間」を労働者3000人から調査した結果です(連合調べ)。

赤丸で囲んだ正規労働者(正社員)だけの平均的労働時間をみると”8.9時間”と記載されていますね。

※1番下の非正規労働者(正社員以外)は除外

1日の労働時間の上限は8時間なので、平均的な残業時間は54分/日と分かります。

「54分/日も残業させてもらえない!(泣)」

という場合は、あなたの会社の残業時間は短く抑えられていることが分かりますね。

データ②残業時間は毎年減少傾向

時間外労働時間の推移(日本経済連合)

参照:時間外労働時間の推移(日本経済連合)

上記は、日本経済団体連合が400社(対象労働者1,876,341人)から行った、時間外労働時間の推移です。

2015年から2017年にかけて、毎年時間外労働(残業)が少なくなっていることが分かりますね。

「どうしてウチの会社は残業させてくれないんだ!?」

と不満に感じるかもですが、今や日本の企業はどこも残業削減の流れなので、ある意味当然ともいえます…。

 

⇒「会社の業績不振で突然の残業規制。残業代が出ないと生活できないので、転職したんです。なんと転職先の方が給料が高く30%ほど年収アップ♪(20代/女性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

データ③企業が残業が減らす原因は「働き方改革」「電通の過労死事件」?

辞めたい人
残業させてもらえない人

でもどうして急に残業に厳しくなったの?

と、最近の残業をさせてくれない企業側の過剰ともいえる動きに「なぜなのか?」と疑問を感じますよね。

原因は主に2つ。1つは国が掲げる「働き方改革」、もう1つが電通女性社員による過労死自殺が原因ではないか?と言われています。

残業をさせない原因1:働き方改革

働き方改革とは?

「働き方改革」は、働く方々が、個々の事情に応じた多様で柔軟な働き方を、
自分で「選択」できるようにするための改革です。

「働き過ぎ」を防ぎながら、「ワーク・ライフ・バランス」と「多様で柔軟な働き方」を実現します。

参照:厚生労働省

「働き方改革って具体的にはどんな制度なの?」とイマイチ分かりづらいですよね(笑)

具体的には、以下のような制度が新設されます。

働き方改革の制度

  • 年間5日間有給休暇取得を企業に義務付け
  • 月60時間超えの残業には25%→50%の割増賃金ひきあげ

参照:厚生労働省

この他にも「ノー残業デー」「プレミアムフライデー」などが企業でも導入され時短勤務を推奨する動きとなっています。

一方「残業はさせないけど、今までのように成果を残せなんてムリ!時短ハラスメントだ!」という不満も多いのも事実です…。

残業をさせない原因2:電通女性社員の過労死自殺

電通女性社員過労死自殺(産経新聞)

参照:産経新聞

企業が残業させてくれないもう1つの原因が、電通女性社員の過労死自殺事件も考えられますね。

  • 月間の最長の残業時間130時間
  • 睡眠時間1日2時間
  • 12月25日のクリスマスに投身自殺

上記の過酷な状況で自殺に追い込まれた事件です。この事件を機に企業側の残業抑制の動きが加速しました。

実際電通に対する世間の風当たりが強くなり、電通への仕事の発注が減ったという実害も出ていますからね…。

参照記事① 電通に対する入札参加の停止が相次ぐ(BuzzFeed)

参照記事② 電通を1カ月指名停止、違法残業事件で経産省(日本経済新聞)

企業側「残業させるとデメリットが大きすぎる!残業はさせないようにしよう!」

と残業を抑制する動きがあります。

実際、働き方改革を「導入した企業の6割は効果がでている」と回答(HR総研)していることも分かっています。

ですので、今後も「なかなか残業させてもらえない」状況は続いていくと予想されますね…。

「残業をもっとしたい!」

と考えるアナタには辛い状況が続いていきます…。

 

⇒「残業はさせないくせに仕事の成果を求めてく上司…。腹がたったので転職してやりました!今は自分のペースで仕事ができています!(20代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

残業させてもらえない理由4つ

飲食辞めたい人
残業させてもらえない人

残業したいのに、させてもらえないのは何で…?

「残業したいのに、会社が認めてくれない!」

と悩む人も多いですよね…。

では”どうして残業させてもらえないのか?”理由を紹介していきますね!

理由①残業は法律で上限が設定されている

飲食辞めたい人
残業させてもらえない人

もっと残業したいのに…

と、あなたがいくら「残業したい!」と思っても、残業時間は法律で上限があるため、無制限に残業させられません。

36協定(厚生労働省)

参照:時間外労働の上限規制(厚生労働省)

「え?残業ってある程度はできるんでしょ?」

と思うかもですが、大前提として労働時間の限度は”1日8時間・1週間40時間まで”と労働基準法で定められているんです。

参照:労働基準法(厚生労働省)

「でも普通に残業してるけど?法律違反なの?」

いえいえ。”1日8時間・1週間40時間”を超える残業をするには、“36協定の締結と届出”が必要です。

「じゃあ36協定があれば無制限に残業できるじゃん♪」

残念ながら36協定を結んでも、残業時間の上限は”月45時間・年間360時間まで”と決まっています…。

ちょっとややこしいので、表にまとめますね(笑)

通常労働時間8時間/日40時間/週
36協定(残業上限)45時間/月360時間/年
飲食辞めたい人
残業させてもらえない人

でも繁忙期に月45時間の残業じゃ、仕事が終わらないよ…

と、年度末などの忙しい時期には「月45時間を超えて残業したい!」というケースもありますよね。

特別条項付き36協定(厚生労働省)

参照:特別条項付き36協定(厚生労働省)

そのような「時間外労働をおこわなければ行けない特別な事情がある」場合、“特別条項付き36協定”を結べば45時間/月以上の残業は可能となります。

ただ、特別条項付き36協定を結んでも年間の上限360時間までです。

 月間年間
36協定45時間360時間
特別条項付き36協定60時間(例)360時間

法律で決められているので、会社としても無制限に残業させられないので仕方ありません…。

理由②残業代の支払いは会社側の人件費負担となる

転職する人
残業したい人

残業してたくさん稼ぐぞ!!

わざと残業しまくって、給料増やそうとする人っていますよね(笑)

ですが、残業させると1.25倍の割増賃金必要です。

残業代・人件費を減らすために、会社としても残業をさせたくないと考えているんです。

特に業績が悪い企業ほど「コスト削減だ!」と、残業代を抑えたがる傾向にあります。

割増賃金(厚生労働省)

参照:割増賃金(厚生労働省)

社長・役員「人件費が高すぎる!残業させずに定時で帰宅させろ!」

管理職「は、はいッ!!」

というやり取りが会議で繰り広げられているでしょう(笑)

「残業代は出ないけど全然仕事終わらない…」

と嘆く人も多いですよね、、残業できないと全てが悪循環になりがちです。

残業できない悪循環
残業させてもらえない

仕事は終わらない

自宅に仕事持ち帰り

残業代でない

給料増えない

このような悪循環でも残業できないのは辛いものがあります…。

 

⇒「急に残業代出さないってズルくないですかね?ローンが払えなくなるので、残業代全額支給の会社へ転職。探せばたくさんあるもんですね♪(30代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

理由③仕事ができないため、残業させないようにしている

飲食辞めたい人
残業させてもらえない人

どうして自分だけ残業させてもらえないんだろう…?

周囲の同僚などは残業させてもらえるのに、アナタだけ「残業させてもらえない」という人はいませんか?

「自分も残業代で稼ぎたいのに不公平だ!」

と思うかもですが、理由はアナタが仕事ができないから…。会社だって仕事ができない人に、残業代は払いたくないですよね。。

1人だけ残業させてもらえない悪循環
仕事ができず、作業が遅い

仕事に時間がかかるので、余計な残業代が発生

無駄な人件費なため、他の社員に残業させる

残業代が稼げない

対策としては、仕事の能力を上げるしかありません。

上司「コイツ最近頑張ってるから残業させてやるか!」

と信頼してもらい、残業を任せてもらうまでコツコツやる方法だけです…(汗)

参照記事もっと稼ぎたいのに私だけ残業させてくれないのは不公平(Yahoo知恵袋)

理由④試用期間中だから残業させない方針

店長・本部
上司

試用期間中は残業禁止だからな!

会社によっては、試用期間中は残業禁止にしている企業もあります。

そのためアナタがいくら「残業したい!」と思っても、上司は残業させれません。

※労働基準法上は、試用期間中の残業は問題なし


試用期間は、本採用までのお試し期間。

「試用期間中の残業禁止」という会社の方針に逆らうよりは、残業はせずに素直に帰宅するべきですね!

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントに登録すべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

転職決まらない人が多く登録している転職エージェントTOP3

リクルートエージェント

>>リクルートエージェント公式サイトで登録(完全無料)

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーもレベルが高いのです。

ですがマイナビエージェントの特徴は親切丁寧なサポート。

一方リクルートエージェントの特徴は、キャリアアドバイザーのアドバイスが的確でマイナビエージェントとは強みが異なります。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍。

女性にとっては相談しやすい環境が整っています。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るのが嬉しいポイント。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来る手厚いサービスと言えますね。

 

⇒「業界最大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(30代/女性)」

パソナキャリア

>>パソナキャリア公式サイトで登録(完全無料)

パソナキャリアは、人材派遣業界売上3位のパソナグループが運営する転職エージェントとなります。

特徴を3つ紹介します。

①圧倒的な転職実績。転職支援実績25万人/取引企業1.6万社!

パソナキャリアは各分野に精通したキャリアドバイザーの親身なサポートにより、圧倒的な転職実績を積み上げています。

  • 転職支援実績:25万人
  • 取引実績企業:1.6万社

1位のマイナビエージェントよりは劣りますが、パソナキャリアも親身なサポートを行ってくれると評判です。

②年収UP率67.1%で給料アップしたい転職者に人気

パソナキャリア登録者の67.1%が転職後に年収アップしているデータがあります。

前職を辞めた理由に関する厚生労働省の調査でも、全体の3位で「給料の低さ」があげられています。

「給料が低い!もっと給料が高い会社に転職したい!」

というアナタは、パソナキャリアのような実績ある転職エージェントを使えば、年収アップも期待できます。

③人材派遣会社のノウハウがあるので、女性の転職者への親身なサポートが高評価

先程も記載しましたが、パソナキャリアは大手人材派遣会社運営の転職エージェントです。

人材派遣会社で培った女性向けのサポートノウハウが充実しているので、女性転職者に人気。

  • 結婚
  • 妊娠
  • 出産
  • 休職/復職

女性ならではのライフステージに沿った親身なサポートを、プロのキャリアアドバイザーが行ってくれます。

 

⇒「年収UP率67.1%の言葉に惹かれて登録。確かに他の転職エージェントと比べてもサポートの質が抜群です。親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

マイナビエージェント

>>マイナビエージェント公式サイトで登録(完全無料)

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

特徴としては、専任のキャリアアドバイザーの質が圧倒的に高いことです。

①転職サポートの「期間無制限」で、じっくり転職活動に取り組める!

他転職エージェント「転職サポートを打ち切らせて頂きます」

他の転職エージェントでは3-6ヶ月の期間内に転職を決めないと、転職サポートが打ち切られることもあります。

ですが、マイナビエージェントでは転職サポートの期間は無制限。

「とりあえず転職の相談だけしてみたい」

「非公開求人の中に年収アップ出来る求人がないかチェックしたいな♪」

軽い気持ちでの登録ももちろんOK。

アナタのタイミングで転職すれば良いのです。

②「年収20%UP」させるためのノウハウや事例が豊富

「転職するならやっぱり年収が高い企業に行きたい!」

と、思うのは当然。

マイナビエージェントでは、年収20%アップさせるための事例やノウハウが豊富に用意されています。

年収アップの転職成功事例

年収420万円→500万円(29歳/男性/webマーケティング)

年収350万円→440万円(24歳/女性/ITコンサルタント)

年収750万円→930万円(35歳/男性/監査法人)

③「20-30代・IT系・営業職・大手企業」の求人に強み

「自分に合う転職サービスを使いたい!」

そんなアナタ向けに、マイナビエージェントで各領域に強みをもった求人を紹介しています。

マイナビエージェントの強みの領域

年代→20-30代

業種→IT系

職種→営業職

規模→大手企業

※注:上記以外の求人も豊富。他の転職エージェントより上記領域に強みがある

さらに会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

求人の質も圧倒的に高く、他の転職エージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが強みですね。

 

⇒「転職エージェントにいくつか登録しましたが、1番丁寧に転職活動をサポートをしてくれたのはマイナビエージェントでした(20代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

 

残業したいのに残業させてもらえない…辛い&ストレスの原因3つ

飲食辞めたい人
残業させてもらえない人

はぁ…残業させてもらえないからストレス溜まるな…

と、残業ができないことにより色々なストレスが溜まってしまいます。

残業させてもらえないことによるストレスの原因を具体的に紹介していきます!

あなたのストレスの原因をハッキリさせましょう。

原因①残業できないので仕事が終わらない

飲食辞めたい人
残業させてもらえない人

残業できないから今日も仕事が終わらない…

残業させてもらえないと、仕事が終わらずストレスの原因となります。


中には「サービス残業すらさせてもらえない」と悩む人もいるくらいです。これは相当辛いですね(泣)

そもそも私たち労働者が残業しないといけない原因はなんでしょうか?

大体が、仕事の多さが原因ですよね。

厚生労働省の調査でも、残業する原因は「突発的な業務が発生するから」と回答した人が1番多いことが分かっています。

所定労働時間を超えて働く原因(厚生労働省)

参照:所定労働時間を超えて働く原因(厚生労働省)

つまり業務量が多いから、突発的な業務が発生すると残業しないといけないってこと。

なのに「残業するな!早く帰れ!」と会社に指示されると、どんどん仕事が溜まっていくことになります…。

飲食辞めたい人
残業させてもらえない人

でも仕事が終わらないのにどうしたらいいんですか…?

店長・本部
上司

自分で工夫しろ!とにかく残業は禁止だ!

と、相談しても仕事量の調整はしてくれません…。すごくストレスに感じますよね(泣)

残業できず仕事が溜まるデメリット

  • 仕事が終わらず会社・同僚に迷惑
  • 顧客から催促される
  • 精神的にストレスがたまり、最悪うつ病になる

社員1人1人の業務量を考えず、一律に「残業はダメだ!」という上司の元では、仕事がたまりストレスも溜まっていくのです…(泣)

参照記事「残業は減っても仕事量は減らない」働き方改革法施行に悲痛な声 “見えないサービス残業”が蔓延?

原因②仕事が終わらずサービス残業が増える

飲食辞めたい人
残業させてもらえない人

残業できないから、サービス残業が増えちゃったよ…

残業をさせてもらえない結果、サービス残業が増える点もデメリットといえますね…。

サービス残業の割合(日経ビジネス)

参照:サービス残業の割合(日経ビジネス)

上記は日経ビジネスが1343人から行った「サービス残業の有無」に関する調査データです。

「約6割がサービス残業がある」と回答していることが分かります…。

Twitter上でも、「業務が多いのに残業できないから、サービス残業が増えた」という声が多く上がっています。

辞めたい人
残業させてもらえない人

どうしてサービス残業しないといけないの?

と疑問を感じる人も多いはず。

会社が「残業するな!」と残業規制を指示するなら、「仕事は残して帰ればいいじゃん!」と思うかもしれませんね。

そりゃ仕事を残して帰れればどれだけいいか…(泣)

ですが以下の理由から、残業はできないけど仕事を片付けなくちゃいけないのです…。

サービス残業をしないといけない理由

  • 仕事が終らないと怒られる
  • 社内での評価が下がる
  • 業務量が多すぎる
  • 上司からのプレッシャー

「残業代もでない」「有給休暇もでない」

このような、ホワイト企業とは程遠い会社で働き続けるのは「辛いな…」とストレスを感じるのも当然です!

 

⇒「残業は出さない!でもサービス残業はしろよ?とプレッシャーをかけてくる上司に嫌気が…。転職先の上司は信頼できるので、毎日張り合いがあります(20代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

原因③残業代が出ず、出取りの給料が少ない

飲食辞めたい人
残業させてもらえない人

残業代が出ないから、給料が低くて辛い…

残業させてもらえないと、残業代がでません。

そうなると給料が少なくなるので、その点もデメリットです。

残業させてもらえない会社→実際の残業時間も0時間/月

このような企業の場合、残業代がでないのもまだ諦めはつきます。

ですが上にも書いたように、サービス残業を強制するケースは本当にキツイです…。

「今どきサービス残業させる企業なんてあるの!?」

と疑問に感じるかもですが、東京労働局の正社員825人からの調査では「16.6%が残業代が支給されない」と回答しているんです…。

時間外支給の有無(東京産業労働局)

参照:時間外支給の有無(東京産業労働局)

辞めたい人
残業させてもらえない人

残業代が満額でると、どれだけ年収に違いがでるのかな?

と、給与明細を細かくみないと「どれだけ残業として支給されるのか?」分かりづらいですよね。

概算で以下の金額の違いがでてくるんです。

残業代支給例(月給30万のケース)

  • 月給30万円で、月40時間残業の場合
  • 残業代だけで約8万円支給
  • 年収で約96万円違いがでる

残業代が支給されるかどうかで年収で約100万円も差でてきます。

生活の質にかなりの違いでるので、「残業代でないのはキツイな…(泣)」と感じて当然です。

 

⇒「転職はできないって諦めてました…でも転職エージェントを使ったらすぐ内定でたんです♪(30代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

残業させてもらえないから辞めたい?対処法5選!転職か会社に残るかのポイント

飲食辞めたい人
残業させてもらえない人

残業させてもらえないから転職しようかな…

と、会社の方針で残業させてもらえないから「転職するぞ!」と考える人も多いはず。

ちょっと待った!

全ての人が転職するべきじゃないです。以下で紹介するポイントをチェックして「転職するべきかどうか?」の判断をしましょう!

ポイント①仕事を効率化して、時間内に終わらせる努力をする

転職する人
残業させてもらえない人

時間内に仕事が終わるよう工夫するぞ!

残業させてもらえないなら、時間内に仕事が終わるよう努力してみましょう!

  • 1日8時間労働→月間労働時間172時間(22日×8時間)

この172時間を「いかに効率的に使うのか?」工夫が大事です!

「効率化っていっても何をしたらいいか分からないよ…」

というアナタは以下の方法も試してみてください!

仕事を効率化する方法

  • 付箋でタスク管理
  • メールの受信通知をオフ。作業に集中
  • 朝に重要な仕事に取りかかる
  • 仕事の優先順位をつけ、計画をたてる
  • 周囲に助けを求める。悩みすぎない
  • 休憩を長く取りすぎない。
  • ダラダラせず、メリハリをつける

他にも以下のような効率化をして、仕事を片付けている人もいますね!

参考にしてみて下さい!

ポイント②残業できないなら早朝出勤する

転職する人
残業させてもらえない人

早朝出勤して、仕事するぞ!

残業させてもらえないなら、始業前に早朝出勤して仕事しちゃいましょう!

残業は厳しく禁止されていても、早朝出勤は禁止されていない企業が多いためです。


伊藤忠商事でも、2013年から朝方勤務を導入したことで話題になりましたね。

参照記事「朝型勤務」制度の導入(伊藤忠商事)

「でも朝早く起きるの大変そう…朝方勤務ってメリットあるの?」

と、たしかに朝早く起きて出社するのはキツそうですよね(笑)

個人的には以下で紹介するメリットの方が大きいと思いますね!

早朝出勤のメリット

  • 通勤ラッシュに巻き込まれない
  • 電話やメールがこず邪魔されない
  • 社内が静かなので集中できる
  • ワークライフバランスを保ちやすい
  • 早起きの習慣ができ休日を有意義に過ごせる
などなど。メリットも多いので「残業できなくて困っている…」というアナタは実践してみてください!
 

ポイント③無駄な仕事は断る

飲食辞めたい人
残業させてもらえない人

残業できないのに、仕事が多すぎる!

残業できない上に、仕事が多すぎて困っているなら無駄な仕事は断ってやりましょう!

時間内に終わらないなら明らかなキャパオーバーですからね。

 

断るべき無駄な仕事

  • 無駄な会議やアポイント
  • 研修や勉強会
  • 社外・社内無駄な電話
  • 会議のリハーサル
  • 紙の印刷や、ハンコ
  • 上司への根回しや承認プロセス
  • 社内の飲み会

「いや全部断ったら会社クビになるよ…」

と思うかもですが、もちろん全部断る必要はなし!

断れそうな仕事だけ断って、少しでもあなたがすべき仕事に時間を割くべきです。

ポイント④残業できないことは悪いこと?仕事とプライベートの両立も可能

辞めたい人
残業させてもらえない人

残業できないって意外と悪いことばかりじゃないかも?

残業できない会社も悪いことばかりじゃないですよね?

残業時間が規制され、定時で帰宅させてくれる良い会社とも言えます。必ずしも悪い面ばかりじゃないことにも目を向けましょう!

さらに会社から残業を強制されて、過労死自殺する人が毎年190人ほどいることが分かっています…。

過労死自殺の労災認定(朝日新聞)

参照:過労死自殺の労災認定(朝日新聞)厚生労働省

過労死や過労自殺(未遂を含む)で労災認定された人が2017年度は計190人いたことが、厚生労働省が6日発表した

参照記事① エーザイ元部長の自殺を労災認定、長時間労働でストレス!(日本人材育成協会)

参照記事②NHKの31歳女性記者が過労死 残業、月159時間(朝日新聞)

飲食辞めたい人
残業させてもらえない人

残業しないメリットって他にあるの…?

と思うかもですが、1100人から行ったアンケートでは「体を休められる(1位)」「趣味を楽しめる(2位)」などと回答する人が多いことも分かっています。

残業減るメリット

参照:FNNfabcross for エンジニア

残業がないことのメリットも相当大きいです。

「恵まれた環境を本当に手放してよいのか?」を、じっくり考えて、転職の判断をしましょう!

 

⇒「残業代で稼がないと年収は上がらないと諦めてました…でも探せば年収アップできる会社ってたくさんあるんですね♪(30代/女性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

ポイント⑤給料が低くくて辞めたいなら、基本給が高い企業へ転職!

飲食辞めたい人
残業させてもらえない人

残業代がでないから生活できないよ…

残業代が出ず給料が低いから「給料の高い企業へ行きたい」という人は、転職を検討しましょう!


「でも給料を理由に転職しても大丈夫なの…?」

と不安を感じるかもしれませんね。

でも大丈夫!

厚生労働省の調査でも「給料の低さ」を理由に転職する人が、全体の3番目に多いことが分かっています。

参照:転職者実態調査(厚生労働省)

自己都合の退職理由TOP3
1位:労働条件の悪さ
2位:仕事内容が不満
3位:賃金が低い

さらに、「転職後に給料アップした人が40.4%」いることも分かっています。

転職後の賃金増減の変化(厚生労働省)

参照:転職者実態調査(厚生労働省)

ですので、残業代がでず給料が低いことが不満なら転職も視野にいれるべきです!

ただ、1点注意!

転職先は必ず「基本給の高い企業」を選ぶようにしましょう!

残業代込みの年収ですと、またどこかのタイミングで「残業代が打ち切られるリスク」もあります…。

「また残業代がでなくなった…」

と同じ悩みを抱えることになります(泣)

必ず基本給が高い転職先を選ぶことが転職活動のポイントです!

ポイント⑤残業が多い業界へ転職する

飲食辞めたい人
残業させてもらえない人

もっと残業できる仕事がしたい

「残業をたくさんしてバリバリ働きたい!」

というアナタは、思い切って残業が多い業界への転職も視野に入れましょう!

「でも残業の多い業界ってどこなの?」

と気になるところ。

厚生労働省の調査では以下の業界で残業が多いことが分かっています。

残業多い業界(厚生労働省)

参照:1週間の労働時間の実績(厚生労働省)

以下ワースト5の抜粋です。

残業が多い業界TOP5
1位:運輸・郵便業
2位:建設業
3位:教育・学習支援業
4位:情報通信業
同上:宿泊・サービス業
同上:学術研究業
※平成27年のデータ参照

1位の運輸業は、ネット注文の配送などでこれからも業務量が増え続ける業界です。

2位の建設業は東京オリンピックなどの建設ラッシュで需要が高くなっていますね。

「どうしても残業したい!」

というあなたは上記の業界を狙えば嫌でも残業させてもらえます(笑)

 

⇒「転職エージェントに将来のキャリアプランを相談しました。親身に相談に乗ってくれて自分が目指すべきキャリアの方向性を示してくれたんです!(20代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

ポイント⑥転職エージェントを活用する

飲食辞めたい人
残業させてもらえない人

また失敗したらどうしよう…転職先選びの自信ないな…

と、転職先選びが不安なら、転職エージェントに登録して相談しましょう!(無料)


転職エージェントは転職のプロですから、あなたの「もっと残業できる会社で働きたい!」という希望を叶えられる求人紹介してくれます。

 

「でも転職エージェントなんて高年収じゃないと相手にされないんじゃないの…?」

と不安になるかもしれませんね。

ですが、転職エージェント利用者の年収は400-500万円が最多です。

高年収の人だけを対象にしたサービスじゃないので安心してください♪

「じゃあどこの転職エージェントが良いんだよ?使ったこと無いから分からない!」

というアナタは以下の3つの転職エージェントがオススメです。

実績や相談時などの親身さなど評判の高いエージェントとなっていますよ!

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントに登録すべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

転職決まらない人が多く登録している転職エージェントTOP3

リクルートエージェント

>>リクルートエージェント公式サイトで登録(完全無料)

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーもレベルが高いのです。

ですがマイナビエージェントの特徴は親切丁寧なサポート。

一方リクルートエージェントの特徴は、キャリアアドバイザーのアドバイスが的確でマイナビエージェントとは強みが異なります。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍。

女性にとっては相談しやすい環境が整っています。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るのが嬉しいポイント。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来る手厚いサービスと言えますね。

 

⇒「業界最大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(30代/女性)」

パソナキャリア

>>パソナキャリア公式サイトで登録(完全無料)

パソナキャリアは、人材派遣業界売上3位のパソナグループが運営する転職エージェントとなります。

特徴を3つ紹介します。

①圧倒的な転職実績。転職支援実績25万人/取引企業1.6万社!

パソナキャリアは各分野に精通したキャリアドバイザーの親身なサポートにより、圧倒的な転職実績を積み上げています。

  • 転職支援実績:25万人
  • 取引実績企業:1.6万社

1位のマイナビエージェントよりは劣りますが、パソナキャリアも親身なサポートを行ってくれると評判です。

②年収UP率67.1%で給料アップしたい転職者に人気

パソナキャリア登録者の67.1%が転職後に年収アップしているデータがあります。

前職を辞めた理由に関する厚生労働省の調査でも、全体の3位で「給料の低さ」があげられています。

「給料が低い!もっと給料が高い会社に転職したい!」

というアナタは、パソナキャリアのような実績ある転職エージェントを使えば、年収アップも期待できます。

③人材派遣会社のノウハウがあるので、女性の転職者への親身なサポートが高評価

先程も記載しましたが、パソナキャリアは大手人材派遣会社運営の転職エージェントです。

人材派遣会社で培った女性向けのサポートノウハウが充実しているので、女性転職者に人気。

  • 結婚
  • 妊娠
  • 出産
  • 休職/復職

女性ならではのライフステージに沿った親身なサポートを、プロのキャリアアドバイザーが行ってくれます。

 

⇒「年収UP率67.1%の言葉に惹かれて登録。確かに他の転職エージェントと比べてもサポートの質が抜群です。親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

マイナビエージェント

>>マイナビエージェント公式サイトで登録(完全無料)

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

特徴としては、専任のキャリアアドバイザーの質が圧倒的に高いことです。

①転職サポートの「期間無制限」で、じっくり転職活動に取り組める!

他転職エージェント「転職サポートを打ち切らせて頂きます」

他の転職エージェントでは3-6ヶ月の期間内に転職を決めないと、転職サポートが打ち切られることもあります。

ですが、マイナビエージェントでは転職サポートの期間は無制限。

「とりあえず転職の相談だけしてみたい」

「非公開求人の中に年収アップ出来る求人がないかチェックしたいな♪」

軽い気持ちでの登録ももちろんOK。

アナタのタイミングで転職すれば良いのです。

②「年収20%UP」させるためのノウハウや事例が豊富

「転職するならやっぱり年収が高い企業に行きたい!」

と、思うのは当然。

マイナビエージェントでは、年収20%アップさせるための事例やノウハウが豊富に用意されています。

年収アップの転職成功事例

年収420万円→500万円(29歳/男性/webマーケティング)

年収350万円→440万円(24歳/女性/ITコンサルタント)

年収750万円→930万円(35歳/男性/監査法人)

③「20-30代・IT系・営業職・大手企業」の求人に強み

「自分に合う転職サービスを使いたい!」

そんなアナタ向けに、マイナビエージェントで各領域に強みをもった求人を紹介しています。

マイナビエージェントの強みの領域

年代→20-30代

業種→IT系

職種→営業職

規模→大手企業

※注:上記以外の求人も豊富。他の転職エージェントより上記領域に強みがある

さらに会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

求人の質も圧倒的に高く、他の転職エージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが強みですね。

 

⇒「転職エージェントにいくつか登録しましたが、1番丁寧に転職活動をサポートをしてくれたのはマイナビエージェントでした(20代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

 

残業できる会社へ転職する際の注意点3つ

転職する人
残業したい人

残業できる会社でバリバリ働くぞ!

張り切って「残業できる会社へ転職するぞ!」と焦って転職するのは気をつけて!

以下の注意点をしっかり踏まえた上で、転職すべきかどうか判断しましょう!

注意点①残業代が全額支給される会社へ転職する

飲食辞めたい人
残業したい人

残業代でないなんて聞いてないんだけど…

残業代が支給されない会社への転職は避けましょう!

全額支給される会社を選ぶべきです。

「でも残業代がでるかどうかなんてどうやって調べるの…?」

と、不安に感じるかもしれませんね。

見分け方としては、求人票に以下の表記がある場合は残業代は全額支払われないので要注意!

注意すべき求人票

  • 裁量労働制
  • みなし残業
  • 固定残業制
  • 変形労働制

「じゃあどう書いてあれば残業が支払われるの?」

と気になるところです。

答えは、「別途、時間外労働の手当は全額支給」などの表記があれば、残業代は支払われます。

求人票をチェックしたり、面接時に確認するようにしましょう♪

注意点②強制的にタイムカードを切るようなブラック企業に要注意

飲食辞めたい人
残業したい人

ブラック企業に転職しちゃった…どうしよう…

転職するのは良いですが、ブラック企業に転職してしまわないように注意しましょう!

ブラック企業の特徴としては以下です。

ブラック企業の特徴

  • 過労死ライン(月80時間以上)の残業
  • 週1回以上休めない
  • 有給を取らせない
  • 最低賃金以下の給料の低さ
  • 残業代不払い
  • 異常な離職率の高さ
  • 不当解雇・退職勧奨が多い
  • セクハラ・パワハラの横行
  • 精神論が多く、ロジックに欠ける

「でも入社前に、会社の状況なんて分からないから見極めできない!」

と、見極め方法が難しいですよね…。

方法としては2つあります。1つが「ブラック企業大賞ノミネート企業」は避ける。もう1つは厚生労働省発表の通称「ブラック企業マップ」を参考にすることです。

それぞれ紹介しますね。

方法1:ブラック企業大賞ノミネート企業は避ける

ブラック企業大賞

参照:ブラック企業大賞

10社のノミネート企業から毎年ブラック企業大賞を選ぶという、皮肉をこめた表彰です。

ちなみに2018年には「財務省」「三菱電機」「日立製作所」など名だたる大企業もノミネートされています。

ノミネートされた企業はブラック企業の可能性もあるので、転職先候補としては避けた方が良いでしょう。

⇒ブラック企業大賞公式HPをチェックする

方法2:ブラック企業マップを参考にする

ブラック企業マップ

参照:ブラック企業マップ(現在は閉鎖)

上記は通称、厚生労働省が労働関係の法令違反をした約1000社のデータをもとに、「ブラック企業マップ」としたまとめられたものです。

以下の厚生労働省のリンクからは、法令違反をしている全国の企業名が確認できます。

明らかなブラック企業なので、ここで記載されている企業への転職は止めておきましょう!

⇒労働基準関係法令違反に係る公表事案(厚生労働省)

 

⇒「転職はできないって諦めてました…でも転職エージェントを使ったらすぐ内定でたんです♪(30代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

注意点③名ばかり管理職として採用されていないか?を確認する

飲食辞めたい人
残業したい人

名ばかり管理職で、残業代が支給されない…

転職先で名ばかり管理職として採用されないか?注意しましょう!

「名ばかり管理職ってなに?」

と聞き慣れない言葉ですよね。

名ばかり管理職とは?
実際は管理職としての権限がないのに、残業代だけ支払われないこと

ブラック企業「残業代払いたくないから、形だけ管理職にしてやれ」

と、悪質な企業も存在します。

実際、労働基準法41条に該当する管理監督者には「残業代の支給は不要」と定められています。

ですが「管理職として働いているけど、なんの権限もない…」という法律で定められた管理者ではない”名ばかり管理職”のケースも多いです。

転職先が、名ばかり管理職かどうか?注意するようにしましょう!

参照記事①労働基準法における管理監督者の範囲適正化のために(厚生労働省)

参照記事②2019年4月から管理監督者の労働時間の把握が義務化

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントに登録すべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

転職決まらない人が多く登録している転職エージェントTOP3

リクルートエージェント

>>リクルートエージェント公式サイトで登録(完全無料)

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーもレベルが高いのです。

ですがマイナビエージェントの特徴は親切丁寧なサポート。

一方リクルートエージェントの特徴は、キャリアアドバイザーのアドバイスが的確でマイナビエージェントとは強みが異なります。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍。

女性にとっては相談しやすい環境が整っています。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るのが嬉しいポイント。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来る手厚いサービスと言えますね。

 

⇒「業界最大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(30代/女性)」

パソナキャリア

>>パソナキャリア公式サイトで登録(完全無料)

パソナキャリアは、人材派遣業界売上3位のパソナグループが運営する転職エージェントとなります。

特徴を3つ紹介します。

①圧倒的な転職実績。転職支援実績25万人/取引企業1.6万社!

パソナキャリアは各分野に精通したキャリアドバイザーの親身なサポートにより、圧倒的な転職実績を積み上げています。

  • 転職支援実績:25万人
  • 取引実績企業:1.6万社

1位のマイナビエージェントよりは劣りますが、パソナキャリアも親身なサポートを行ってくれると評判です。

②年収UP率67.1%で給料アップしたい転職者に人気

パソナキャリア登録者の67.1%が転職後に年収アップしているデータがあります。

前職を辞めた理由に関する厚生労働省の調査でも、全体の3位で「給料の低さ」があげられています。

「給料が低い!もっと給料が高い会社に転職したい!」

というアナタは、パソナキャリアのような実績ある転職エージェントを使えば、年収アップも期待できます。

③人材派遣会社のノウハウがあるので、女性の転職者への親身なサポートが高評価

先程も記載しましたが、パソナキャリアは大手人材派遣会社運営の転職エージェントです。

人材派遣会社で培った女性向けのサポートノウハウが充実しているので、女性転職者に人気。

  • 結婚
  • 妊娠
  • 出産
  • 休職/復職

女性ならではのライフステージに沿った親身なサポートを、プロのキャリアアドバイザーが行ってくれます。

 

⇒「年収UP率67.1%の言葉に惹かれて登録。確かに他の転職エージェントと比べてもサポートの質が抜群です。親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

マイナビエージェント

>>マイナビエージェント公式サイトで登録(完全無料)

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

特徴としては、専任のキャリアアドバイザーの質が圧倒的に高いことです。

①転職サポートの「期間無制限」で、じっくり転職活動に取り組める!

他転職エージェント「転職サポートを打ち切らせて頂きます」

他の転職エージェントでは3-6ヶ月の期間内に転職を決めないと、転職サポートが打ち切られることもあります。

ですが、マイナビエージェントでは転職サポートの期間は無制限。

「とりあえず転職の相談だけしてみたい」

「非公開求人の中に年収アップ出来る求人がないかチェックしたいな♪」

軽い気持ちでの登録ももちろんOK。

アナタのタイミングで転職すれば良いのです。

②「年収20%UP」させるためのノウハウや事例が豊富

「転職するならやっぱり年収が高い企業に行きたい!」

と、思うのは当然。

マイナビエージェントでは、年収20%アップさせるための事例やノウハウが豊富に用意されています。

年収アップの転職成功事例

年収420万円→500万円(29歳/男性/webマーケティング)

年収350万円→440万円(24歳/女性/ITコンサルタント)

年収750万円→930万円(35歳/男性/監査法人)

③「20-30代・IT系・営業職・大手企業」の求人に強み

「自分に合う転職サービスを使いたい!」

そんなアナタ向けに、マイナビエージェントで各領域に強みをもった求人を紹介しています。

マイナビエージェントの強みの領域

年代→20-30代

業種→IT系

職種→営業職

規模→大手企業

※注:上記以外の求人も豊富。他の転職エージェントより上記領域に強みがある

さらに会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

求人の質も圧倒的に高く、他の転職エージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが強みですね。

 

⇒「転職エージェントにいくつか登録しましたが、1番丁寧に転職活動をサポートをしてくれたのはマイナビエージェントでした(20代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました