PR

飲食店の正社員を辞めたい&きつい理由15選。続かない人の現場の声や、辞めたい時の4つの対処法は?

飲食店の正社員を辞めたい&辛いことで悩む人の画像飲食店を辞めたい理由
PR

「飲食店の正社員で働くのはホントにきつい…」

  • 毎日15時間以上の勤務
  • 20-30連勤は当たり前
  • バイトが休めば休日だろうが代わりに出勤

飲食店の正社員は過酷な状況なので、きつい・辛いと感じますよね。。

「一生我慢して飲食の仕事を続けないといけないのかな?」

と不安に感じるかもしれません。

ですが無理は禁物。

飲食店で過酷な勤務が原因で過労死や、自殺する人もいるくらいです。

会社のため、家族のためと無理し続けるのは危険。

他の仕事すらできない状況になりかねません。

今回は「正社員の仕事がきつい理由」「飲食が続かない人の現場の声」を紹介します。

読んでみて飲食の仕事を続けていくべきなのか?

判断するようにして下さい。

▼飲食店勤務の人によく読まれている記事

飲食店の正社員がきつい&辞めたい理由15選

理由①拘束時間が長く毎日サービス残業。終電・深夜まで働かされるから

飲食辞めたい人
飲食店の正社員

はぁ今日も終電か…きついな…

飲食店の社員はどこの会社でも拘束時間が長いです。

長時間労働を強制されるのが一般的。

外食店長「定額働かせホーダイ」の過酷な実態(東洋経済)のインタビュー記事では、飲食店店長の月間の労働時間は350時間とされています。

「350時間は1日あたりの勤務時間はどのくらいなんだろ?」

週1日以上の休みの場合、最低14時間以上の勤務時間となります。

飲食店店長の1日の労働時間

  • 月22日勤務→15.9時間/日
  • 月25日勤務→14時間/日

朝9時頃に出勤。帰りは終電というのが一般的な飲食店社員の勤務形態。

ちなみに調理場とホールでは帰宅時間は異なります。

ですが月間の労働時間は同じくらい。

調理場とホールの勤務の違い

  • 調理場→帰宅は早いが、仕込みのため早出が必要
  • ホール→出勤は遅いが、お客さんが帰るまで閉店できず帰宅が遅い

バイトなら2-3交代制のシフト。

社員はオープンからラストの通し勤務が当たり前。

残業手当も深夜勤務手当も支給されず、サービス業の毎日です。

長時間労働の原因は昔と比べて24時間・深夜営業の店舗が増えたことも一因とされています。

長時間労働の原因は確実に人手不足です。

人手不足がいつまでたっても解消されない要因は以下の記事で紹介しています。

理由②休みが少なく週6日以上の勤務。休日出勤も強要される

飲食辞めたい人
飲食店の正社員

はぁ…今週も休みなしか…

飲食店の社員の休みはほぼありません。

シフト上は週に1度は休みにでも宴会シーズンだと当然のように出勤を強要されます。

GW、お盆、年末年始の大型連休は絶対に出勤しないといけません。。

理由③給料が10万円台と低くボーナスの支給もないから

飲食辞めたい人
飲食店の正社員

毎日15時間、週6日出勤してるのに給料が低すぎる!

労働時間に対して低すぎる給料しか貰えないのが飲食店社員の実態。

業種別平均年収ランキング

参照:平均年収ランキング(doda)

平均年収ランキングでも外食業界(飲食)は最下位。1位と比較すると約23%少ない計算となります。

低すぎる年収なので、正社員なのに時給計算したら最低賃金以下。

「正社員じゃなくてバイトで働いたほうが手取りの給料多いじゃん…」

計算して愕然とした経験が1度や2度は感じたことがあるはずです(汗)

 

⇒「飲食での経験って他の業界でも評価されるんですね!転職して50万円年収アップできました♪(20代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

理由④立ち仕事で体力的にきつい・辛いから

飲食店はホール・キッチン問わずほぼ立ち仕事で体力的にきついです。

■ホールがきつい理由
・勤務時間中の9割以上は立ち仕事
・レストランでは革靴なので足がむくみ、疲れが溜まりやすい
・アイドルタイムにシフト・予算作成の事務作業で座れるだけ

■キッチンがきつい理由
・皮膚が弱い人は洗剤でで手荒れ・赤ぎれ
・コンロやオーブンで火傷をすることも
・寸胴や鍋など重く腰痛になりやすい

土日の忙しい日は休憩が取れず、昼食や夕食もまともに取れないことも。

栄養失調になったり、体重が10キロ以上減るスタッフもいるくらいです。

立ち仕事以外の「飲食の仕事が辛い」理由も以下の記事でまとめています。

理由⑤酔ったお客さんにも丁寧な接客をする必要があるから

店長・本部
酔ったお客

おまえ!さっき注文した早くビールを持ってこいよ!

いや、初めてビールの注文聞きましたけど?(汗)

という厄介な酔払いのお客さんの相手をする必要があります。

理由⑥バイトのミスやクレーム対応をしないといけないから

飲食辞めたい人
飲食辞めたい人

お客様!大変申し訳ございませんッ!

バイトのミスは店舗責任者や社員がお詫びに行かないといけません。

社員が尻拭いするバイトのミス

  • バイトが料理をこぼしお客さんに火傷させた
  • 接客が悪くクレームを受けた
  • 何度もオーダーミスをした
  • お客さんを何十分も待たせた

火傷までさせた場合は大変。

菓子折りを持って病院や自宅までお見舞いにまで行かないといけませんからね。。

理由⑦店舗内の閉鎖的で殺伐とした人間関係がきついから

店長・本部
店長・本部

君ほど仕事できない人は初めてだよ。ほんとストレス溜まるわ

飲食店舗内の人間関係

  • ネチネチと嫌味を言う上司
  • 社員とバイト(パート)との不倫・恋愛関係
  • 新人いじめ・お局社員からのイビリ

飲食店の店舗内だけ限られた人間関係。

店長や上司と合わないと最悪です。

ピリピリとした雰囲気の職場に行くのが次第に嫌になります。

精神的に辛い思いをするのは当然ですね。

 

理由⑧転勤や異動が1-2年に1回と頻繁にあるのがきつい

飲食店の社員はと頻繁(1-2年に1回)に店舗間の転勤や異動があります。

全国展開している飲食チェーンでは引越しを伴う異動が発生することも。。

独身ならまだ我慢できます。

ですが家族がいるのに毎年引越しはきつ過ぎますよね。。

ですが単身赴任では、間近で我が子の成長を見れません。

どちらにしても転勤・異動が多いのは良いことはないです。

理由⑨待遇が悪く社会保険や雇用保険に加入させてくれない

飲食辞めたい人
飲食辞めたい人

給料低いのに社会保険にも入れないのか…

飲食店の一部の社員は、社会保険や雇用保険などに加入させてもらえません。

 

給料だけではなく福利厚生も最悪。

特に個人経営の飲食店で社会保険に加入させないケースが多いです。

加入義務がある企業が未加入の場合、下記の法律違反となります。

最寄りの社会保険事務所や、ハローワークに相談しましょう。

社会保険未加入の企業が違反する法律

  • 社会保険未加入→健康保険法第208条違反
  • 雇用保険未加入→雇用保険法83条1号

理由⑩仕事の覚えが悪く・鈍くささが原因でパワハラやイジメを受ける

店長・本部
店長・本部

何回教えたら分かるんだよ!?

仕事の覚えが悪く鈍くさいことが原因で、店長や上司から怒られるのも辛いです。

飲食店の仕事はスピード勝負。

特にピーク時は効率よくスピーディーに仕事をこなす必要があります。

仮にアナタが仕事の覚えが悪く鈍くさいと上司からキツく当たられますね。。

ただ下記のような言動があれば労働基準監督署に相談するべき。

労働基準監督署に相談すべきケース

  • 人格否定
  • パワハラ
  • イジメ

理由⑪店の経営不振が原因で一方的に給料を減らされたから

飲食から転職したい人
店長

売上ヤバいから給料2割カットしていいよね?

店長の経営能力がないために、従業員の給料をカットされるケースも辛すぎます。。

家族がいて給料が減るとまさに死活問題。

「辞めて転職しような…」と思うのも当然です。

理由⑫精神的ストレスが原因でうつ病の症状が出ているから

飲食での仕事がきつく精神的ストレスが限界になるとうつ病の症状が出ることもあります。

ストレスが原因で出るうつ病の症状例

  • 突然涙が出て止まらなくなる
  • 休みの日は1日中寝ている
  • 何もやる気が起きない
  • 自殺したくなる

上記の症状に1つでも当てはまればすぐに休職か退職して下さい。

完全に飲食の仕事を続けるのは限界を超えています。

理由⑬飲食を辞めたいのに後任が見つからないからと辞めさせてくれない

店長・本部
店長・本部

後任が見つけてくるまで辞めさせないからな

「退職したい、辞めたい」と店長や上司に言っても無意味。

後任を見つけるまで辞めさせてくれません。

法律的には退職希望を伝えて2週間経過したらバックレても問題ないんですけどね。

理由⑭予算・売上ノルマがきつくプレッシャーをかけられるから

店長・本部
店長・本部

「今月のノルマ達成する気あるのか?もっと必死にやれや?

本部から到達不可能な無茶な売上ノルマを一方的に課せられます。

毎日毎日、本部やエリアマネージャーから目標売上の詰めを受けるのは辛いですよね。

スタッフ全員が正社員ならまだ売上を伸ばせます。

でもモチベーションの低いバイトじゃ無理。

バイトばっかりで、どうやってスタッフの士気を上げて売上をあげるんだよ…って感じです。

理由⑮飲食店の体育会系のノリがキツイから

店長・本部
店長・本部

根性足りねぇんだよ!気合を入れんかァッ!

体育会系ノリで詰められる瞬間

  • 予算の数字が足りない
  • 疲れが溜まっている
  • 元気がない
  • 風邪を引いた

全ては精神論。体育会系のノリでひたすら罵倒され続けます。

根拠ない感情論で理屈や根拠はゼロ。

マネジメント能力のない体育会系のノリの上司だと「辞めたい」と感じるのも当然です。

 

⇒「毎日早朝出勤・深夜帰りで子供や家族と全く顔を合わせることが出来ませんでした。なので思い切って転職!20代だったので年収アップも出来ました!(20代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

飲食店の4業種別のキツさ比較。ワーストランキングTOP4

飲食店と業種別のキツさを比較しておきます。

私も全ての飲食店を経験しました。

個人的には深夜・早朝まで営業するチェーン店の居酒屋が1番キツかったですね。。

1位:居酒屋・バー

深夜勤務あり。酔っ払った客の応対が面倒

2位:ファミレス・ファストフード

商品単価が低く客層が悪い。利益率が低いので長時間労働なりがち

3位:パン・カフェ

早朝勤務必須。カフェは早朝から夜までの長時間営業

4位:高級ホテル・レストランなど

調理師は仕込みのため出勤時間早く食品衛生管理のルールも厳密。

ホールは接客マナーに対して異常な厳しさがある。

以下でも紹介していますが、居酒屋・ホテルなどの業種での調理師や料理人の仕事は特にきついです。。

 

⇒「仕事は常に立ち仕事な上に毎日14時間以上の長時間労働…精神的にも限界だったので思い切って転職したんです。転職したら定時上がり出来る上給料も現状維持!(20代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

飲食店の仕事が続かない…現場の声9選

飲食辞めたい人
飲食辞めたい人

飲食で働く他の人の声も聞きたい

上記で紹介してきたことは私の実体験です。

ここからはツイッター上での「飲食辞めたい・辛い」と感じる現場の声を紹介していきますね!

 

⇒「給料安いし、勤務時間も長い。友達とも遊びにいけず交友関係も一気に狭くなってしまったんです。色々と嫌になり辞めちゃいました(20代/女性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

飲食の正社員を辞めたい時の対処法4選

飲食辞めたい人
飲食辞めたい人

もう限界だ。今すぐ飲食の社員を辞めたい

「辞めたい!」と感じたときにどうするのか?4つの選択肢を紹介するので参考にして下さい。

個人的にはさっさと辞めて転職が1番ベストだと思いますが(汗)

対処法①我慢して現場を離れるまで出世する

飲食店の仕事がきついのは現場での店舗運営をしているからです。

出世して現場から離れることができれば仕事内容はグッと楽になります。

飲食の出世コース

  1. エリアマネージャー、SV、MD(マーチャンダイザー)
  2. バイヤー、仕入れ
  3. 本部での経営企画、商品企画
  4. 役員
    ※1→4に上がるほど出世コース

ただ大手飲食チェーンだと全国に数百店舗。当然店長も同じ数だけいます。

熾烈な出世競争を勝ち抜いていくのは時間も能力も必要となります。

対処法②飲食店の正社員を退職して他の業種へ転職する

厚生労働省の賃金構造統計調査。飲食サービス業・宿泊業が1番平均給与が低い

参照:賃金構造基本統計調査(厚生労働省)

産業別平均賃金の比較

  • 飲食→271.1万円(ワースト2位)
  • 金融・保険→464.4万円(TOP1位)
    ※差額は193.3万円/年。約1.7倍平均賃金が高い

上記を見て愕然として下さい。

飲食業界は他の業界と比較しても圧倒的な平均賃金の低さです。

ハッキリ言って飲食業界の社員として働くことに未来はありません。

さらに飲食業界に居続けることで年齢だけ重ねていきます。結果再就職困難な年齢になりかねません。

だったら1歳でも若い時に、1日でも早く飲食業界に見切りをつけて転職するべきです。

稼げる!ということで最近では営業職へ転職する人が多いですね。

対処法③飲食店をバックレて退職はNG!引き止めに遭うなら退職届を郵送しよう

飲食辞めたい人
飲食辞めたい人

面倒だしバックレてやる!

会社や上司に退職の話をせずにバックレるのは止めておきましょう!

会社や店から損害賠償を請求される可能性もあります。

「退職の話しても引き止められてキリがない!」

と悩むなら、退職届を一方的に郵送する方法もあります。

2週間前に退職の意思を示せば法律上辞めても問題ありません。

退職届けの記載内容
「○月○日をもって退職します。本日より有給休暇を取得するので退職日までは出社しません。」

「でもそんな勝手な辞め方は不安…」

というあなたは退職代行というサービスを利用すると良いです。

あなたの代わりに退職代行の専門企業が即日退職できるよう交渉してくれます。

退職代行サービスの特徴

  • 費用→3万円
  • 保証→退職できなければ全額返金保証
  • 退職時期→即日退職可

⇒退職代行サービスの詳細をチェックする

対処法④飲食で働きながら転職活動するたった1つの方法は転職エージェントを活用すること

飲食辞めたい人
飲食辞めたい人

飲食の仕事が忙しくて転職活動する時間ないよ…

時間がなくて転職活動できなくても大丈夫!

転職エージェントを使えば、時間のないあなたでも仕事と転職活動を同時並行できます。

転職エージェントのあなた専任のコンサルタントに希望条件を伝えるだけで、求人を探してくれるのです。

あなたはその求人に応募するかどうか選ぶだけ。

時間のないアナタでも転職活動できる唯一の方法です。完全無料で登録できるので登録して転職活動を始めましょう!

⇒「転職エージェントに登録して自分の強みをアピール方法を教えて貰いました!結果内定8社ゲット!(30代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントに登録すべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

転職決まらない人が多く登録している転職エージェントTOP3

リクルートエージェント

>>リクルートエージェント公式サイトで登録(完全無料)

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーもレベルが高いのです。

ですがマイナビエージェントの特徴は親切丁寧なサポート。

一方リクルートエージェントの特徴は、キャリアアドバイザーのアドバイスが的確でマイナビエージェントとは強みが異なります。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍。

女性にとっては相談しやすい環境が整っています。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るのが嬉しいポイント。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来る手厚いサービスと言えますね。

 

⇒「業界最大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(30代/女性)」

パソナキャリア

>>パソナキャリア公式サイトで登録(完全無料)

パソナキャリアは、人材派遣業界売上3位のパソナグループが運営する転職エージェントとなります。

特徴を3つ紹介します。

①圧倒的な転職実績。転職支援実績25万人/取引企業1.6万社!

パソナキャリアは各分野に精通したキャリアドバイザーの親身なサポートにより、圧倒的な転職実績を積み上げています。

  • 転職支援実績:25万人
  • 取引実績企業:1.6万社

1位のマイナビエージェントよりは劣りますが、パソナキャリアも親身なサポートを行ってくれると評判です。

②年収UP率67.1%で給料アップしたい転職者に人気

パソナキャリア登録者の67.1%が転職後に年収アップしているデータがあります。

前職を辞めた理由に関する厚生労働省の調査でも、全体の3位で「給料の低さ」があげられています。

「給料が低い!もっと給料が高い会社に転職したい!」

というアナタは、パソナキャリアのような実績ある転職エージェントを使えば、年収アップも期待できます。

③人材派遣会社のノウハウがあるので、女性の転職者への親身なサポートが高評価

先程も記載しましたが、パソナキャリアは大手人材派遣会社運営の転職エージェントです。

人材派遣会社で培った女性向けのサポートノウハウが充実しているので、女性転職者に人気。

  • 結婚
  • 妊娠
  • 出産
  • 休職/復職

女性ならではのライフステージに沿った親身なサポートを、プロのキャリアアドバイザーが行ってくれます。

 

⇒「年収UP率67.1%の言葉に惹かれて登録。確かに他の転職エージェントと比べてもサポートの質が抜群です。親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

マイナビエージェント

>>マイナビエージェント公式サイトで登録(完全無料)

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

特徴としては、専任のキャリアアドバイザーの質が圧倒的に高いことです。

①転職サポートの「期間無制限」で、じっくり転職活動に取り組める!

他転職エージェント「転職サポートを打ち切らせて頂きます」

他の転職エージェントでは3-6ヶ月の期間内に転職を決めないと、転職サポートが打ち切られることもあります。

ですが、マイナビエージェントでは転職サポートの期間は無制限。

「とりあえず転職の相談だけしてみたい」

「非公開求人の中に年収アップ出来る求人がないかチェックしたいな♪」

軽い気持ちでの登録ももちろんOK。

アナタのタイミングで転職すれば良いのです。

②「年収20%UP」させるためのノウハウや事例が豊富

「転職するならやっぱり年収が高い企業に行きたい!」

と、思うのは当然。

マイナビエージェントでは、年収20%アップさせるための事例やノウハウが豊富に用意されています。

年収アップの転職成功事例

年収420万円→500万円(29歳/男性/webマーケティング)

年収350万円→440万円(24歳/女性/ITコンサルタント)

年収750万円→930万円(35歳/男性/監査法人)

③「20-30代・IT系・営業職・大手企業」の求人に強み

「自分に合う転職サービスを使いたい!」

そんなアナタ向けに、マイナビエージェントで各領域に強みをもった求人を紹介しています。

マイナビエージェントの強みの領域

年代→20-30代

業種→IT系

職種→営業職

規模→大手企業

※注:上記以外の求人も豊富。他の転職エージェントより上記領域に強みがある

さらに会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

求人の質も圧倒的に高く、他の転職エージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが強みですね。

 

⇒「転職エージェントにいくつか登録しましたが、1番丁寧に転職活動をサポートをしてくれたのはマイナビエージェントでした(20代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

 

関連記事

①飲食店の仕事がきつい理由14選。

コメント

タイトルとURLをコピーしました