転職活動は言わない方がいい理由5選。転職活動がバレそうなときの対処法7つも紹介!転職先を会社に言う義務はないぞ!

Uncategorized

「転職活動してるって言わない方がいいのかな?」

「転職活動してることを会社に言うと、デメリットってある?」

などなど。

転職活動してることを会社に言うか?言わないか?

すごく悩ましいところですよね…。

とはえいえ、安易に転職活動してることは言わないほうがいいです!

転職活動してることを言うと以下のリスクがあるため。

  • 転職活動を妨害されるリスク
  • 引き止めにあい転職活動が進まないリスク
  • 転職先が決まらないまま退職に追い込まれるリスク

「転職活動してるなんて言わないほうが良かった…」

と後悔する人も多いです…(汗)

ですので今回は、”転職活動してることを言わないで済む方法”などを紹介していきます!

  1. 転職活動してることを言う義務はある?
  2. 転職活動を言わないほうが良い理由5選
  3. 転職活動がバレそうなときの対処法7つ

チェックして、スムーズに転職活動を進めるようにしてくださいね♪

”転職活動を言わない方がいい”と悩む人に読まれている記事

転職活動を諦める理由6つ&転職成功の方法9選。辛くても諦めないほうが良い人の特徴4つとは?
「転職活動もう諦めようかな…」 「全然内定でない!諦めて今の会社で我慢したほうがいいのかな…?」 などなど。 「転職するぞ!」 と気合を入れて転職活動の臨んだものの、上手くいかず諦めそうになっていませんか? 一生懸命職務経歴書を書...

転職活動してること・転職先を伝える義務ってあるの?

大前提として、転職活動してることや、転職先を会社に伝える必要はありません!

「でも会社からしつこく聞かれるんだけど…」

会社から聞かれても、答える義務は一切なし。

理由を2つ紹介しますね!

 

⇒「転職活動を諦めてたけど、転職エージェントに相談したらアドバイスを貰えたんです!2ヶ月後に内定もらえました♪(20代/女性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

理由①憲法22条で職業選択の自由が保障されている

参照:衆議院

日本の憲法で「職業選択の自由」が保障されています。

何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。

参照:憲法22条に規定する職業選択の自由(厚生労働省)

あなたがどの会社の、どの職業を選ぶかは全て自由です。

憲法で保障されている職業の選択の自由

  • 転職活動するのも自由
  • どの転職先を選ぶのも自由
  • 転職先を伝える/伝えないも自由

憲法にも定められていること。”転職活動してること”を言う必要はありません。

元横浜市長・中田宏氏による、憲法22条に関する動画がわかりやすかったです。

理由②退職2週間前の申し入れで退職可と規定(民法627条)

参照:民法627条

転職活動を言う必要がない理由の2つ目が、民法627条の規定です。

民法627条で「2週間前に退職を申し入れれば退職できる」と定められてます。

大阪労働局の公式HPでも2週間前に退職できると記載があります。

民法では期間の定めのない雇用契約については、解約の申し入れ後、2週間で終了することとなっており、会社の同意がなければ退職できないというものではありません。(民法第627条)

参照:大阪労働局

2週間前に退職を伝えてさえいればOK。

厚生労働省発表の労働トラブルの事例でも、民法に沿って「労働者の希望日で退職できる」と記載があります。

参照:平成29年個別労働紛争事例(厚生労働省)

まとめると…

  • 転職活動してることも、転職先も言う義務はなし
  • 憲法22条で「職業選択の自由」が規定
  • 民法628条で「退職は2週間前から可」と規定

転職活動も、転職先も伝える必要はない!ってことです。

以下記事でも紹介していますが、今の時代転職は当たり前です!

「本当に転職活動してもいいのかな…?」と不安なアナタは以下の記事を参考にしてください!

転職活動を言わないほうがいい理由5選

転職する人
転職活動する人

同僚だけには転職活動してること言っても大丈夫でしょ!

ちょっと待った!

どれだけ信頼している相手でも、転職活動してることは退職するまで言わないほうがいいです!

辞めたい人
転職活動する人

え?言わないのは薄情じゃない?

薄情に思うかもですが、転職活動を周囲に言ってしまうのはリスクだらけ。

具体的な理由を5つ紹介していきます!

 

⇒「転職エージェントに相談したら、会社に言わずに転職活動を成功させるコツを教えてもらいました!さすがプロですね♪(20代/女性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

理由①信頼ある上司・同僚に相談でもバレるケースもある

辞めたい人
信頼してる同僚

ここだけの話ですけど、アイツ転職活動してるらしいですよ?

店長・本部
上司

なにィ–!辞めるつもりか!けしからん!

信頼してる上司や同僚でも、“あなたが転職活動してること”を漏らさない保証はありません。

アナタ「絶対に誰にも言うなよ!」

どれだけ口止めしても、話は広がってしまうもの。

転職活動がバレるキッカケ

  1. 酔った勢いで口を滑らせる
  2. 信頼した相手が、実は口の軽い人だった
  3. 悪意なくコミュニケーションとして話した
  4. 別の仲の良い人に話して広まった
  5. 会社で転職サイトを見ていた

などなど。

「この人には転職活動しても大丈夫!」と思っているのは実はアナタだけかもしれませんよ?

以下のデータを見ても分かりますが、内緒話を守れない人って実はかなり多いんです(汗)。

■30.9%が内緒話を他人に話した経験がある


参照:気をつけて!「内緒話が守れない人」の特徴が判明(楽天インフォシークニュース)

上記は「内緒話を他人に話したことがある人」の割合です。

最低12.6%~最大30.9%の人が「内緒話を他人に話した」と回答。

つまり“2-3割は我慢できず他人に話してる”ってことです…(泣)

上司・先輩に転職活動がバレると、ホントに会社に居づらくなります…。

飲食辞めたい人
転職活動する人

でも誰かに転職活動の相談したい!

相談したいアナタは、確実に信頼できる相手だけに話すようにしましょう!

以下で信頼できる人の見分け方が紹介されているので参考にしてください♪

参考記事信用できる人・信用できない人の特徴と見分け方(タウンワークマガジン)

 

⇒「転職活動を会社に言わないほうがいいのか悩んでいる間に2年…でも思い切って転職したら年収150万円アップ!早く転職すればよかったw(30代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

理由②転職活動を妨害・反対される可能性もある

店長・本部
上司

絶対に辞めさせない!転職活動の邪魔してやる!

会社・上司に転職活動してることを言うと、反対・妨害される可能性もあります。

「まさかw転職活動を妨害までしないでしょw」

呑気なことを言ってるアナタ!転職妨害は普通にありますよ!

■会社・上司からの転職妨害の事例7つ

具体的な転職妨害の事例を紹介していきます。

転職妨害の事例

  1. 同業他社へ転職させないよう脅す
  2. 悪い情報を転職先へ流す
  3. 圧力をかけ同業他社へ転職させない
  4. 有給休暇を取得させず面接に行かせない
  5. 業務量/残業を増やし転職活動させない
  6. パワハラ/モラハラでプレッシャーをかける
  7. 退職させない/辞表を受け取らない

もちろん、上記の転職妨害は全て違法です。

参照記事不当解雇と再就職妨害されています(弁護士ドットコム)

万が一、転職妨害を受けているなら厚生労働省の相談窓口に相談しましょう!

参照:労働基準行政の相談窓口

転職する人
転職活動する人

相談できるなら心配いらないな!

相談できるとはいえ、転職活動を言ったことが原因で、会社から妨害を受ける可能性も十分あります…。

転職妨害されて、「転職がめんどくさいな…」と諦めそうになるかもしれませんね。

以下記事でモチベーションを上げる方法を紹介しているので、参考にしてください!

■転職経験が少ない人からの助言は無意味

上司・同僚「転職活動は止めて、会社に居たほうがいいぞ?」

露骨に転職妨害がなくても、ネガティブなアドバイスをしてくる人もいます。

  • 転職活動の経験も乏しい
  • 今の転職市場の動向も知らない
  • アナタの強みも知らない

こんな人のアドバイスは参考になりません!

転職妨害・ネガティブな意見に左右されて、転職活動が進まないことも多いのです…(泣)。

動画でも紹介されていますが、イイ人ほど仕事を辞めづらい傾向がありますからね…。

理由③引き止め・嫌がらせを受ける可能性

転職する人
上司

転職活動は一旦止めて、じっくり話し合おうじゃないか!

転職活動していると言ってしまうことで、引き止め・嫌がらせにあう可能性もあります。

引き止めや、嫌がらせに関してそれぞれ紹介していきます。

1:会社や上司からの「引き止め」

参照:doda

退職の意思を伝えた際に、引き留められた人は5割以上。

上記のデータを見ても分かるように、53.7%の人が引き止めにあっています。

引き止め事例

  • 部下を理解したフリをする
  • 悩みの相談を聞き慰留させる
  • 「辞めるな」としつこく言われる

仕事ができる優秀な人ほどしつこく引き止めに遭うはずです…(汗)

 

⇒「転職しようとしたら引き止められて諦めてました…でも転職エージェントからのスカウトメールでとう東証一部上場の企業に転職できたんです♪(30代/女性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

2:転職活動を言ったことによる「嫌がらせ」

参照:平成29年個別労働紛争事例(厚生労働省)

まず、嫌がらせに厚生労働省発表のデータから紹介します。

実は労働に関する厚生労働省への相談で1番多い内容が「嫌がらせ」です。

「ウチの会社は大丈夫でしょ♪」

と、呑気に考えず、転職活動してること言った後に、アナタにも起こり得る問題です。

嫌がらせ事例

  • 「後任がみつかるまで」と辞めさせない
  • 損害賠償・違約金の請求
  • 「絶対に辞めさせない!」と強硬策
  • 仕事を回されない
  • 「裏切り者」「無責任」など罵る
  • 転職先に悪評を伝える

以下の動画でも職場での嫌がらせに関して詳しく紹介されています。

店長・本部
前職の上司

前職で○○のミスをしてトラブル起こしてましたよ!

わざわざ転職先に、「過去の失敗・問題点」を連絡して、転職先に居づらくするケースすらあります…。

ほんとヒマな上司ですね…(汗)

当然こういった過度な「在職強要」も違法。速攻で厚生労働省にチクってやりましょうw

参照記事退職できない!会社から強引な引き止め、脅しに遭った場合の対処法(ベリーベスト法律事務所)

3:引き止め・嫌がらせで転職活動が長期化するリスク

転職する人
転職活動する人

引き止めは違法でしょ?だったら気にする必要ないじゃん!

引き止め・嫌がらせなんて、無視すればいいと思うかもしれませんね。

ですが、退職するとはいえ上司。

完全無視はできません…(汗)

上司からの引き止めに対応していると、今度は転職活動が長期化するリスクが出てきます。

参照:転職者実態調査(厚生労働省)

ちなみに、厚生労働省の発表では「11.3%が転職活動開始から退職まで6ヶ月以上必要だった」と回答。

「引き止めがしつこくて辞められない…」

と、言う人も含まれているでしょう。退職までに2年以上要した人だっているくらい(泣)。

退職するまでに要した期間割合
6ヶ月以上4.5%
9ヶ月以上2.7%
1年以上2.6%

2年以上

1.5%

引き止めが酷くて上司と喧嘩に発展するケースもあります。

以下の記事で喧嘩になった場合の対処法も紹介しているので、参考にしてください!

4:会社が引き止め・嫌がらせする理由

辞めたい人
転職活動する人

会社はなぜ引き止めするの?

なぜ必死になって会社は引き止めてくるのか?

と、疑問に感じるかもしれませんね。

引き止め・嫌がらせをしてまで、転職活動を止めさせる理由は以下。

引き止め・嫌がらせの理由

  1. 人手不足になる
  2. 後任の採用に費用・時間が必要
  3. 後任を教育する労力が必要
  4. 上司の監督責任が問われる

アナタのために転職活動を止めさせるわけではありません。

会社や上司自身の保身のために、引き止めてくるわけです。

参考記事期待のホープが退職意向!慰留できる?3つの引き留め策(エンジャパン)

転職先の内定も決まり、退職が数週間先なら引き止めも我慢できるでしょう。

ですが転職活動を開始した直後だとメチャクチャ大変…。

引き止め・嫌がらせを受けながら、仕事と転職活動を両立させる必要があります…。

こういったリスクを避けるためにも、内定がでるまで転職活動を言わないほうが良いです!

 

⇒「嫌がらせも受けたけど転職活動を諦めないで良かった!毎日3時間残業→定時上がりになり、プライベートも充実してます♪(20代/女性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

理由④転職活動の噂が広まり会社に居づらくなる

店長・本部
上司

どうせオマエ辞めるんだろ?

転職活動してると言ったことで、会社に居づらくなるケースもあります。

在職中に転職活動するメリットは、なんと言っても「今の会社と転職先を比較できる」こと。

■転職活動後の選択肢

1:転職先の条件が良い場合
→退職して転職

2:良い条件の転職先ない場合
→今の会社に残る
→さらに時間をかけ転職活動を継続

転職活動を並行することで、「辞めずに残るor転職」の選択ができます。

実際86%の人が在職中に転職活動をしているという調査データもありますからね。


参照:マイナビニュース

にも関わらず、周囲に転職活動してることを言ってしまうと大変!

以下に記載してるように、上司・同僚の反応が柄ガラッと変わってしまう可能性もあります。

転職活動がバレた後の周囲から反応

  • どうせ辞める
  • 辞めるから手を抜いてる
  • 冷たい態度になる
  • 会社に居づらい雰囲気になる

などのデメリットがあります…。

あまたりにも会社に居づらい場合は思い切って、正社員でも電話で退職を伝えましょう!

転職するつもりなら、無理する必要はあります。

以下記事で、具体的な方法も紹介しています!

理由⑤転職先も決まらないor焦ってブラック企業へ転職

飲食辞めたい人
転職活動してる人

転職活動してると言ったら、辞めるしかなくなった…

転職活動のことを言ってしまうと、会社に居づらくなります。

「早く転職先決めちゃなくちゃ…」

と焦って転職活動をした結果、ブラック企業へ転職してしまうリスクもあるんです…。

アメリカの超有名なビジネススクール(ハーバードビジネススクール)の1000人超から行った調査結果でも、転職失敗の7割が「下調べ不足」と回答しています。

▼就職と転職の失敗は、およそ7割が「視野狭窄」によって引き起こされる

「視野狭窄」とは、物事の一面にしか注目できなくなり、その他の可能性をまったく考えられない状態を意味します。一例を挙げれば、調査の中で最も多かった失敗は「下調べをしっかりしなかった」というものでした。

参照:転職に失敗する人の7割に共通する意外な特徴(東洋経済)

焦って転職活動すると、リスクが増大することがデータからも明らかです…(泣)。

以下の動画のようなブラック企業には誰だって入社したくないでしょ…?

 

⇒「ブラック企業で家族との時間がまったくとれませんでした…でも転職活動を頑張って、土日休みの会社から内定!妻と泣いて喜びました!(20代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

■転職先も決まらず、アルバイト生活のリスクも

飲食辞めたい人
転職活動してる人

転職先が決まらないし、生活費のためにバイトするしかない…

転職先が決まらないからと安易にバイトするのも危険!

一気にフリーターになる人もいます(泣)

国の調査でも、現在フリーターの11%が「仕事を探したが見つからない」と回答。

参照:総務省統計局「就業構造基本調査」

転職活動してると言ってしまっただけで、以下の悪循環に陥る可能性すらあるんです…。

転職活動がバレた後の悪循環

会社にバレて居づらくなり退職

転職活動が上手くいかない

給料が入らず生活できない

仕方なくアルバイトを始める

転職活動が疎かになりフリーターへ

転職するか?辞めずに残るか?

最後まで選択肢を残しておくためにも、言わずに転職活動をした方が良いですね。

参考記事転職理由を辞める会社に正直に言う?(yahoo知恵袋)

以下の動画でも紹介されていますが、一度正社員のレールから外れると、大変な未来しか待っていません…。

 

⇒「転職活動を諦めてたけど、転職エージェントに相談したらアドバイスを貰えたんです!2ヶ月後に内定もらえました♪(20代/女性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントに登録すべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

転職決まらない人が多く登録している転職エージェントTOP3

マイナビエージェント

>>マイナビエージェント公式サイトで登録(完全無料)

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

特徴としては、専任のキャリアアドバイザーの質が圧倒的に高いことです。

①転職サポートの「期間無制限」で、じっくり転職活動に取り組める!

他転職エージェント「転職サポートを打ち切らせて頂きます」

他の転職エージェントでは3-6ヶ月の期間内に転職を決めないと、転職サポートが打ち切られることもあります。

ですが、マイナビエージェントでは転職サポートの期間は無制限。

「とりあえず転職の相談だけしてみたい」

「非公開求人の中に年収アップ出来る求人がないかチェックしたいな♪」

軽い気持ちでの登録ももちろんOK。

アナタのタイミングで転職すれば良いのです。

②「年収20%UP」させるためのノウハウや事例が豊富

「転職するならやっぱり年収が高い企業に行きたい!」

と、思うのは当然。

マイナビエージェントでは、年収20%アップさせるための事例やノウハウが豊富に用意されています。

年収アップの転職成功事例

年収420万円→500万円(29歳/男性/webマーケティング)

年収350万円→440万円(24歳/女性/ITコンサルタント)

年収750万円→930万円(35歳/男性/監査法人)

③「20-30代・IT系・営業職・大手企業」の求人に強み

「自分に合う転職サービスを使いたい!」

そんなアナタ向けに、マイナビエージェントで各領域に強みをもった求人を紹介しています。

マイナビエージェントの強みの領域

年代→20-30代

業種→IT系

職種→営業職

規模→大手企業

※注:上記以外の求人も豊富。他の転職エージェントより上記領域に強みがある

さらに会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

求人の質も圧倒的に高く、他の転職エージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが強みですね。

 

⇒「転職エージェントにいくつか登録しましたが、1番丁寧に転職活動をサポートをしてくれたのはマイナビエージェントでした(20代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

リクルートエージェント

>>リクルートエージェント公式サイトで登録(完全無料)

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーもレベルが高いのです。

ですがマイナビエージェントの特徴は親切丁寧なサポート。

一方リクルートエージェントの特徴は、キャリアアドバイザーのアドバイスが的確でマイナビエージェントとは強みが異なります。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍。

女性にとっては相談しやすい環境が整っています。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るのが嬉しいポイント。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来る手厚いサービスと言えますね。

 

⇒「業界最大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(30代/女性)」

パソナキャリア

>>パソナキャリア公式サイトで登録(完全無料)

パソナキャリアは、人材派遣業界売上3位のパソナグループが運営する転職エージェントとなります。

特徴を3つ紹介します。

①圧倒的な転職実績。転職支援実績25万人/取引企業1.6万社!

パソナキャリアは各分野に精通したキャリアドバイザーの親身なサポートにより、圧倒的な転職実績を積み上げています。

  • 転職支援実績:25万人
  • 取引実績企業:1.6万社

1位のマイナビエージェントよりは劣りますが、パソナキャリアも親身なサポートを行ってくれると評判です。

②年収UP率67.1%で給料アップしたい転職者に人気

パソナキャリア登録者の67.1%が転職後に年収アップしているデータがあります。

前職を辞めた理由に関する厚生労働省の調査でも、全体の3位で「給料の低さ」があげられています。

「給料が低い!もっと給料が高い会社に転職したい!」

というアナタは、パソナキャリアのような実績ある転職エージェントを使えば、年収アップも期待できます。

③人材派遣会社のノウハウがあるので、女性の転職者への親身なサポートが高評価

先程も記載しましたが、パソナキャリアは大手人材派遣会社運営の転職エージェントです。

人材派遣会社で培った女性向けのサポートノウハウが充実しているので、女性転職者に人気。

  • 結婚
  • 妊娠
  • 出産
  • 休職/復職

女性ならではのライフステージに沿った親身なサポートを、プロのキャリアアドバイザーが行ってくれます。

 

⇒「年収UP率67.1%の言葉に惹かれて登録。確かに他の転職エージェントと比べてもサポートの質が抜群です。親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

転職活動を会社や上司に言うメリット5つ

「転職活動してることと会社に言うメリットってないの?」

と、疑問感じますよね。

具体的に紹介します!

メリット①転職活動を言うメリットはない

店長・本部
転職活動する人

は!?メリットないのかよ!?

怒らないでくださいw

会社や上司に、転職活動してることを伝えるメリットは一切ありません。

※「転職先が決まっている」「退職の意志が固い」場合は例外

既に紹介したように、転職活動をしてることを言うのはデメリットだらけ!

転職活動を言うデメリット

  • しつこい引き止め
  • 嫌がらせの可能性
  • 退職まで時間がかかる
  • 転職活動がスムーズに進まない
  • 会社に居づらくなる

圧倒的にデメリットのほうが多いので、本来は言わないほうが良いです!

とはいえ、ほんの少ーしのメリットもあるので念の為紹介しておきますw

メリット②会社・上司に義理を通せる

転職する人
転職活動する人

お世話になった上司には、義理を通したい!

会社や上司に義理が通せる点は、メリットと言えます。

「ちゃんと上司に言ってから、転職活動始めたほうがいいかな…」

と、上司に義理を通したいと悩む人も多いですからね。

▼会社に内緒で転職活動

上司から、自分が育つように的な「プラスアルファの仕事のアドバイス」みたいなのをされると自分がとても申し訳ないことをしているようで、辛いです。

参照:yahoo知恵袋

事前に「転職活動する予定」と言うことで、後ろめたさを感じず転職活動に専念できます。

※会社との関係が良好で円満退社が確実の場合のみ

ただ転職活動していると言うだけで、一気に上司の態度が豹変するケースもあります。

「転職活動してると言っても、本当に問題ない相手か?」

慎重に検討した上で判断しましょう!

メリット③退職までの期間を有意義に過ごせる

転職する人
同僚

もうすぐ退職だから、最後まで一緒に頑張ろうぜ!

退職・転職までの、残りの在籍期間を有意義に過ごせる可能性があります。

上司や同僚との良好な関係性を保ったまま、退職まで気持ちよく過ごせますね!

送別会も盛大に開いてくれたりすることもメリットです。

メリット④経験・人脈が活かして転職先で活躍できる可能性

転職する人
上司

転職先の企業を紹介してくれよ!

前職での経験や人脈が活きて、転職先で活躍できる可能性もあります。

例えば、同業他社へ転職ならば前職と提携・協業などの際、一役買える場合も!

他にも、人脈が活きて前職・転職先から感謝されることもあります。

転職先を伝え、退職後も付き合いがあれば、経験・人脈が活きる点もメリットです。

メリット⑤労働条件や待遇が改善される可能性

辞めたい人
上司

給料を上げたら転職活動を止めて、会社に残ってくれるか?

転職活動してると言った後に、会社から待遇改善を提案される可能性もあります!

待遇改善の例

  • 給料アップ
  • 業務量を減らす
  • 希望部署への配置転換
  • 転勤や異動を取り消し
  • 職場の人間関係を改善
  • 正社員への登用

などなど。

転職活動している理由を正直に上司言うことで、改善も期待できます。

 

⇒「よく考えたら辞める会社に義理を通す必要ないですねwだって2度と会わないしwもっと早く転職活動すればよかったです!(30代/女性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

転職活動を言わないことがバレた!?転職先を聞かれた場合の対処法7つ

店長・本部
上司

おまえ転職活動してるんじゃないだろうな?

上司から、転職活動に関することをしつこく聞かれる可能性もあります。

下手な対応をすると、紹介したように「嫌がらせ」「引き止め」などに遭うリスクもあります…。

では、どのように対処すればよいのでしょうか?

転職活動の邪魔をされないよう、対処法を紹介していきます!

対処法①転職先の情報は絶対に言わない

店長・本部
上司

どの会社の転職活動を受けてるんだ!?

万が一転職活動してることがバレても、転職先の情報は絶対に言ってはいけません!

何度も書いてますが、嫌がらせ・引き止めを受ける可能性があるため。

転職活動がバレる原因

  • 社内で転職活動のメールをする
  • 転職書類を社内に持ち込む
  • 同僚に言ってしまう
  • 明らかに仕事のヤル気をなくす
  • 有給を何度も取得する

これらのミスをキッカケに転職活動がバレることが多いです。

「転職活動がバレそう…全て白状するしかないか…」

と諦めなてはいけません!

仮に転職活動がバレても、「転職先の企業名」「業界」は隠しきりましょう!

企業名などを言うと、さらに嫌がらせがエスカレートする危険もあるためです。

以下の記事でも紹介してますが「職場で嫌われているのかな…」と感じるほど、嫌がらせを受けているなら、今すぐ辞めるべき!

無理してまで会社に義理を通す必要はありませんよ!

対処法②転職サイトなどで個人情報を公開しない

店長・本部
上司

オマエ転職サイト登録してるだろう?

飲食辞めたい人
転職活動する人

し、してないです…(バレた…なぜ?)

転職サイト・転職エージェントでアナタの個人情報(レジュメ)は公開してはいけません!

「転職活動が会社にバレない方法ってないのかな…」

と不安に感じる人も多いです。

転職サイトに登録すると現在の会社にバレる事はないのでしょうか。出来ればバレたくないので。

参照:yahoo知恵袋

転職活動をバレないようにするために、非公開設定は基本中の基本!

氏名こそ非公開ですが、経歴・年齢・保有資格などからアナタだと推測できるためです。

転職サイトで非公開にすべき項目

  • 過去の経歴の社名
  • 具体的な職務内容

■転職サイト・転職エージェントでの非公開設定方法


参照:green

転職サイト・転職エージェントの「設定」画面から、特定企業からの閲覧をブロックしましょう!

設定をしておけば、アナタの経歴を閲覧されることもなく、転職がバレるリスクも減りますよ♪

 

⇒「転職エージェントの担当アドバイザーに相談すれば、バレずに転職活動する方法を教えてくれるんですね!知らなかった!(20代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

対処法③転職活動がバレそうでも言い訳を用意しておく

店長・本部
上司

休日なのにどうしてスーツ着てるんだ?転職活動か!?

転職活動がバレそうでも、即座に言い訳できるよう準備しておきましょう!

例えば、有給や休日に面接があり、バッタリ社内の人に会った場合。

社内の人「あれ?今日休みだろ?どうしてスーツ着てるの?」

アナタ「知り合いの結婚式がありまして!」

など、結婚式・ビジネスセミナー・検定試験と即座に答えましょう。

動揺すると「もしかして転職活動か?」と勘ぐられるリスクもありますからね…。

転職活動がバレないよう準備しておくべきです!

対処法③嘘の退職理由で転職先は言わないようにする

飲食辞めたい人
転職活動する人

退職理由は、家庭の事情です…

転職活動がバレてしまっても、嘘をついて退職理由を誤魔化すのも1つ方法です。

「どうして嘘をつくの?」

と疑問を感じるかもしれませんね。

なぜなら、本当の退職理由や希望の転職先を言うと、転職活動を妨害される可能性もあるためです。

■53%が退職した本当の理由を言っていない

「でも嘘つくのは気が引けるな…」

と気にする必要はなし!

転職支援会社大手のdodaが行った調査でも、53%の人が「退職した本当の理由を伝えなかった」と回答しています。

参照:退職理由・交渉のホンネ調査2019

厚生労働省の調査では、実際の退職理由で「給料」「仕事内容」が多いことが分かっています。

退職理由割合
労働条件の悪さ27.3%
仕事内容が不満26.7%
賃金が低い25.1%
会社の将来の不安24.2%
人間関係17.7%

参照:転職者実態調査(厚生労働省)

多くの退職者が本音と建前を使い分けてるってことですw

「転職するかは決めていません!」と転職することは断定せずに、ときには誤魔化すことも検討しましょう!

 

⇒「退職理由のコツを転職エージェントから教えてもらったので、円満退職できました!(30代/女性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

対処法④前向きな転職活動だと伝え円満退職を目指す

転職する人
転職活動する人

別のジャンルを追求したい!チャレンジしたいです!

転職活動を会社や上司に言う場合は、前向きな退職活動の理由を伝えましょう!

例えば、以下のような理由です。

前向きな転職活動の理由

  • 他の業界でチャレンジしたい
  • 顧客との信頼関係をじっくり築きたい
  • 家族との時間を持ちたい
  • 努力や成果を評価してくれる職場を希望

会社や上司への不満が原因で転職活動をしてるとは言わないべき!

円満退職が期待できず、残りの在籍期間が非常に気まずい雰囲気になります…(汗)

以下の記事でも、ポジティブな転職理由に言い換える方法が紹介されています。参考にしてください!

参考記事「ネガティブな退職理由」を「ポジティブな転職理由」に変換するには?(リクナビネクスト)

対処法⑤転職活動を報告する社内順序に注意する

転職する人
転職活動する人

実は転職活動してるんだよね~♪

転職を相談する、順番に注意しましょう!まずは直属の上司に報告です!

特に、飲み会の席で同僚に言ってしまうなどは要注意!

人づてで、上司の耳に入ってしまうと大変です…。

店長・本部
上司

俺に相談もなしで勝手に退職を決めやがって!許さん…。

上司のメンツが立たなくなり、退職にも支障をきたします…。

なので以下の順序で、相談しましょう。

社内に転職活動を伝える順序
1:直属の上司

2:部長or課長

3:同僚・後輩

まずは直属の上司に相談して、許可を得てから同僚などに言うべき。

転職活動を言う順序には気をましょう!

■SNSのアップ・LINE等での報告も禁止!

転職する人
転職活動する人

上司も見てないだろうしSNSでアップしちゃおう!

SNSもアップ禁止!

Twitter・FacebookなどのSNSへのアップや、LINEやメールでの報告もダメですよ!

必ず対面で「転職活動して、退職する予定」を報告しましょう。

参照記事SNSで「転職」活動、やっていいこと悪いこと(ダイヤモンド・オンライン)

対処法⑥退職・転職決定後に伝える

飲食辞めたい人
転職活動する人

お世話になった上司に本当のことを言わないのは嫌だ…

義理堅いアナタ!

退職・転職決定後に、転職先のことを伝える方法もオススメです♪

転職決定後の報告例

「報告が遅れてすいません。実は転職するつもりでして…。」

転職先で落ち着いたタイミングで上司や同僚に真実を打ち明けましょう!

後ろめたい気持ちも解消されるはずです。

またしっかり義理を通しておけば、転職活動を妨害されるリスクを減らせますよ!

対処法⑦転職エージェントの専任コンサルトへ相談しながら転職活動

飲食辞めたい人
転職活動する人

会社にバレず転職活動できる自信がない…

「仕事が忙しくて転職活動する時間がない」

「嘘が下手だからすぐに転職活動がバレそう」

などなど。今の仕事と転職活動の両立が自信がないアナタ!

そんなアナタは、転職エージェントへの登録をオススメします。

 

⇒「転職エージェントから非公開求人のおかげで年収1.5倍アップ!独学の転職活動より当然うまくいきやすいですよね!(30代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントに登録すべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

転職決まらない人が多く登録している転職エージェントTOP3

マイナビエージェント

>>マイナビエージェント公式サイトで登録(完全無料)

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

特徴としては、専任のキャリアアドバイザーの質が圧倒的に高いことです。

①転職サポートの「期間無制限」で、じっくり転職活動に取り組める!

他転職エージェント「転職サポートを打ち切らせて頂きます」

他の転職エージェントでは3-6ヶ月の期間内に転職を決めないと、転職サポートが打ち切られることもあります。

ですが、マイナビエージェントでは転職サポートの期間は無制限。

「とりあえず転職の相談だけしてみたい」

「非公開求人の中に年収アップ出来る求人がないかチェックしたいな♪」

軽い気持ちでの登録ももちろんOK。

アナタのタイミングで転職すれば良いのです。

②「年収20%UP」させるためのノウハウや事例が豊富

「転職するならやっぱり年収が高い企業に行きたい!」

と、思うのは当然。

マイナビエージェントでは、年収20%アップさせるための事例やノウハウが豊富に用意されています。

年収アップの転職成功事例

年収420万円→500万円(29歳/男性/webマーケティング)

年収350万円→440万円(24歳/女性/ITコンサルタント)

年収750万円→930万円(35歳/男性/監査法人)

③「20-30代・IT系・営業職・大手企業」の求人に強み

「自分に合う転職サービスを使いたい!」

そんなアナタ向けに、マイナビエージェントで各領域に強みをもった求人を紹介しています。

マイナビエージェントの強みの領域

年代→20-30代

業種→IT系

職種→営業職

規模→大手企業

※注:上記以外の求人も豊富。他の転職エージェントより上記領域に強みがある

さらに会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

求人の質も圧倒的に高く、他の転職エージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが強みですね。

 

⇒「転職エージェントにいくつか登録しましたが、1番丁寧に転職活動をサポートをしてくれたのはマイナビエージェントでした(20代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

リクルートエージェント

>>リクルートエージェント公式サイトで登録(完全無料)

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーもレベルが高いのです。

ですがマイナビエージェントの特徴は親切丁寧なサポート。

一方リクルートエージェントの特徴は、キャリアアドバイザーのアドバイスが的確でマイナビエージェントとは強みが異なります。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍。

女性にとっては相談しやすい環境が整っています。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るのが嬉しいポイント。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来る手厚いサービスと言えますね。

 

⇒「業界最大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(30代/女性)」

パソナキャリア

>>パソナキャリア公式サイトで登録(完全無料)

パソナキャリアは、人材派遣業界売上3位のパソナグループが運営する転職エージェントとなります。

特徴を3つ紹介します。

①圧倒的な転職実績。転職支援実績25万人/取引企業1.6万社!

パソナキャリアは各分野に精通したキャリアドバイザーの親身なサポートにより、圧倒的な転職実績を積み上げています。

  • 転職支援実績:25万人
  • 取引実績企業:1.6万社

1位のマイナビエージェントよりは劣りますが、パソナキャリアも親身なサポートを行ってくれると評判です。

②年収UP率67.1%で給料アップしたい転職者に人気

パソナキャリア登録者の67.1%が転職後に年収アップしているデータがあります。

前職を辞めた理由に関する厚生労働省の調査でも、全体の3位で「給料の低さ」があげられています。

「給料が低い!もっと給料が高い会社に転職したい!」

というアナタは、パソナキャリアのような実績ある転職エージェントを使えば、年収アップも期待できます。

③人材派遣会社のノウハウがあるので、女性の転職者への親身なサポートが高評価

先程も記載しましたが、パソナキャリアは大手人材派遣会社運営の転職エージェントです。

人材派遣会社で培った女性向けのサポートノウハウが充実しているので、女性転職者に人気。

  • 結婚
  • 妊娠
  • 出産
  • 休職/復職

女性ならではのライフステージに沿った親身なサポートを、プロのキャリアアドバイザーが行ってくれます。

 

⇒「年収UP率67.1%の言葉に惹かれて登録。確かに他の転職エージェントと比べてもサポートの質が抜群です。親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

コメント

タイトルとURLをコピーしました